第二新卒として初めての転職。誰に相談すればいいのか?

転職は誰に相談するべきか

第二新卒での転職。この場合は初めての転職ではないでしょうか?

転職を初めてする場合、どのように動いていいかわかりません。会社ではもちろん教えてはくれませんし、学校でも教えてくれません。

では転職はだれに相談すれば良いのか?一つずつ見ていきましょう。

相談先その1・同期

転職を考えたらまず思い浮かぶのは同期に相談ですね。ですが、同期も転職の経験があるわけではないでしょう。もちろん転職の豊富な知識がありません。

大体同期に相談するときは最初は会社の愚痴から始まるのではないでしょうか?愚痴を言いやっていても何も解決しません。しかも、同期に転職を考えていることを相談し、秘密にしておいてくれとお願いしたとしても、そこから「これは秘密なんだけど…」と広められてしまうかもしれません。

そうなると会社にばれ、会社にいずらくなってしまいます。結局転職しなかった場合は肩身の狭い思いをするようになります。

相談先その2・友人

次に大学などの友人などに相談する場合があるでしょう。同じ年代では転職に関する情報を得るのは難しいかもしれません。

転職をしたことがある友人では転職のやり方や職務経歴書の書き方などアドバイスをもらうことができるでしょう。

そういった転職経験のある方が近くにいる場合はぜひ相談して転職活動のやり方を教えてもらいましょう。実際に経験ある人の話を聞けるのは非常に有効です。

相談先その3・肉親

親や兄弟など肉親に相談することもあるでしょう。肉親に相談する場合はよほどのことがない限り転職には反対することが多いでしょう。

特に第二新卒世代は社会に出て2.3年しかたっていません。まだ今の仕事で頑張ったらどうかと続ける方で話をされることが多いのではないでしょうか?

転職をする具体的なアドバイスをもらうのは難しいでしょう。

相談先その4・転職のプロ

転職のプロというのは転職エージェントのことです。

転職エージェントは転職アドバイザーがあなたの転職を無料でサポートしてくれます。転職エージェントにはカウンセリングをしてくれるサービスがあります。

そのカウンセリングからあなたのキャリアを見たうえでキャリアアップやキャリアチェンジなど多方面の可能性を提案してくれるでしょう。また転職エージェントには特に業種、職種に特化した転職エージェントが存在します。

転職したい業種や職種があればその業種に特化した転職エージェントに登録するか第二新卒に特化した転職エージェントもありますのでそこに登録するといいでしょう。転職アドバイザーは転職のプロですのでまずはプロに相談することをおすすめします。

自分では気づかなかった自分のキャリアの中の強みを引き出してくれるかもしれません。

関連ページ 転職エージェントとは?

特化型転職エージェント

第二新卒に特化した転職エージェント

まとめ

転職を相談するのはプロに任せた方がいいでしょう。しかし転職を最終的に決断するのは自分です。今の自分から変わりたいという気持ちがあれば、転職エージェントにカウンセリングだけでも受けてみてはどうでしょうか?

転職エージェントは無料で使えます。結果的に転職することがなくても費用は掛かりません。

転職で悩んでいるならば相談だけという軽い気持ちでいいので一度相談することをおすすめします。

関連ページ 転職エージェントのメリット・デメリット

   

 - 転職エージェント, 転職コラム, 転職活動