転職エージェントのメリット、デメリットとは?

転職エージェントのメリット、デメリット

転職エージェントには転職希望者にとってメリットが多く登録すべきですが、メリットだけでなくデメリットもあるので利用者が増加することに比例して不平と不満なども多くなってきています。

利用する際に注意点がありますので、メリット、デメリットをしっかり理解して上手に転職エージェントを利用する必要があります。

転職エージェントを利用する8つのメリット

1.求人サイトには載っていない非公開求人に応募することができる

転職エージェントには必ずといっていいほど非公開求人を持っています。

この非公開求人には公開したくない理由があります。その理由は新規事業を立ち上げるためや人気企業や人気案件などの求人に応募が集中するのを防ぐためや突然の欠員や若干名の募集など企業が非公開にしなければいけないなど理由があります。

非公開求人には公開求人より優良な求人も多いため、その求人案件をエントリーするためにも転職エージェントに登録する必要があります。

非公開求人にこそ転職希望者に合う求人があるかもしれません

2.求人票からはわからない企業の雰囲気や情報を得ることができる

転職エージェントでは企業の担当者と直接やり取りすることによって通常の求人票からはわからない雰囲気や内部事情などのより詳細な情報を持っています。また転職に成功した人の成功事例やその後キャリアに関しての情報も持っているので、転職希望者の入社後のミスマッチを防ぐこともできます。

採用までの筋道がわかっているのでそれに合わせた対策をすることも可能です。

3.履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる

履歴書や職務経歴書を自分で作成すると大変です。特に職務経歴書は項目も多く、書式自体が自由なため普段書き慣れていないので書き方の不安や疑問が出てきます。自分で調べながらでも作成できますが、ここは転職のプロに任せた方が仕上がりが違います。

また、この書類を作成するために今までの職歴などのヒアリングをされますので、自分では気づかなかった強みなどを再発見することも可能です。

転職エージェント経由で転職するときだけでなく求人サイトを使って自分で転職活動をするときでもこの職務経歴書が使えます。

職務経歴書を添削してもらうだけでも非常に価値があります。

4.応募する際に募集要項に合っていなくても書類透過率が上がる

転職エージェントを使うと応募要項に外れた求人案件であっても転職エージェントの働きかけで書類選考を通過する可能性があります。これは面談によって自分では気づかない自分自身の強みなどを企業側に伝えることにより、通常より書類を通過させるために企業側に働きかけてくれます。

転職エージェント側でも企業に採用してもらうためにいろいろ手を尽くしてくれますので当落線上にギリギリの場合は最後のひと押しで採用になる場合もあるでしょう。

5.面接対策や面接の日程などの調整をしてくれる

転職活動をするうえで面接は避けては通れません。企業によって面接の流れや仕方は変わります。転職エージェントは今までの経験からその企業に合わせた面接対策をしてくれます。採用ポイントはここのような具体的なポイントなども教えてくれますので面接に臨むときに非常に力になります。

また面接の日程などはこちらの都合を事前に伝えておくと、企業側に打診し面接日時を設定してくれます。在職中の転職活動は時間が限られていますので、面倒な面接の日程調整は転職エージェントに任せておくと転職活動がはかどります。

6.第3者の意見として客観的視点でアドバイスをもらうことができる

転職活動を自分自身で行っている場合は客観的視点はなかなか持てません。転職エージェントに登録すれば転職市場から転職希望者を客観的に判断してくれます

面接や書類選考で不合格になった場合に不採用通知が来るのですが、その不採用の理由は転職希望者にはふつうはわかりません。不採用の理由は自分自身で考察することになるのですが、それが正しいかどうももわからない場合があります。

自分自身ですべて改善策を見つけることが難しいのでその場合に転職エージェントからの第3者の視点からアドバイスがもらえます。しかも選考結果をフィードバックしてくれるので不採用になった理由を知ることができます。

不採用の理由をフィードバックしてくれると次につながる改善策を見つけやすくなります。

7.内定時に年収や条件の交渉を代行してくれる

転職エージェントは採用者の年収や条件など転職希望者に有利になるように働きかけてもらうこともできます。

採用が決まっても給与や条件などを企業側に交渉するのは気が引けるものです。むちゃな希望はもちろん通りませんが、転職市場に照らし合わせ転職希望者を客観的な視点で評価してくれるので、適切な年収の交渉ができます

転職エージェントは転職希望者の年収が転職エージェントの報酬が決まるため年収交渉にも積極的です。年収アップ率をサイトに掲載して宣伝する転職エージェントもありますので年収アップする可能性が高くなります

8.以上のメリットがすべて無料で利用可能

転職エージェントのサービスがすべて無料で使えるのが最大のメリットです。

転職エージェントを使い倒すのは転職成功の近道です。

転職エージェントの4つのデメリット

転職エージェントを利用する4つのデメリット

1.職歴や学歴などでフィルターがかかり応募できる企業の選択の幅が決まってしまうかも

転職エージェントは転職希望者を採用させるために、最初から採用が難しい求人案件を選別して外して紹介します。

例えば異業種への転職が難しいと判断した場合は異業種への転職を勧めることはありません。なので異業種にチャレンジしようとする転職希望者にとっては足かせになってしまうかも。

フィルターがかかること自体が大きなデメリットではありません。転職が難しい求人案件に対して時間をかけることにより貴重な時間を無駄にすることを防げたとも言えます。

2.キャリアアドバイザーによっては自分との相性が悪いなど当たりはずれがあるかも

転職エージェントのキャリアアドバイザーにも能力にばらつきがあります。人なので当たり前ですが、はずれのキャリアアドバイザーに当たった場合は転職活動をうまく進めることができないかもしれません。

また自分との相性があります。自分の考えがうまく伝わらないことやキャリアアドバイザーからの連絡が来る時間などこちらの都合を無視した動きを取るキャリアアドバイザーがいるもの事実です。

相性が合わなかった場合やキャリアアドバイザーに不満がある場合は変更してもらうことも可能です。転職エージェント側も転職希望者にアンケートを送りキャリアアドバイザーとの関係性が良好かチェックしています。もし合わないと感じたら変更してもらうこともできますので遠慮なく変更してもらいましょう。

転職エージェントに複数登録することでもこのデメリットを回避できます。

3.転職エージェントによっては転職希望者に合っている求人案件がないかも

転職エージェントには得意、不得意分野があります。

不得意分野に転職希望だった場合、求人案件がないといわれるかもしれません。また自分のキャリアから案内できる求人案件がないといわれる場合もあります。

その転職エージェントだからということもありますので、転職エージェントに複数登録することでこのデメリットを回避できます。

4.条件に合っていない求人をすすめられるかも

自分の条件に合っていない求人を勧められる場合もあります。

その求人に納得すればいいのですが、納得できない場合でもごり押ししてくる場合があるかもしれません。ですが、転職市場を考えたアドバイスの可能性もありますので一概にデメリットではないかも

複数の転職エージェントに登録することによって別の転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談することでも回避できます。

まとめ

転職エージェントのメリットは絶大です

デメリットもありますが、それを補って余りあるメリットがあるので転職を考えたらまず転職エージェントに登録することをおすすめします。

複数登録しデメリットを回避してメリットだけ享受することができれば転職成功一直線です

是非試したい自己診断テスト

@typeの診断力テスト 1
@type:転職力診断テスト

無料!転職力診断テスト@type あなたの転職力はいったい何点なのか? IT・通 ...

グッドポイント診断 2
リクナビNEXT:グッドポイント診断

    自分の強みを見つける!5つの強みで転職を有利に 自分 ...

公開日:
最終更新日:2016/02/25