転職エージェントと求人サイト比較。結論はどちらも登録が◎!

転職エージェントと求人サイトの比較

一口に転職サイトといってもさまざまな形態のものがあります。

ここでは代表的な転職エージェントと求人サイトの比較です。

転職に関してコンサルをしてくれる転職エージェントがあります。代表的なものはリクルートエージェントです。転職エージェントはキャリアアドバイザーと呼ばれる転職の相談支援を行う担当がつき転職に関するさまざまなサポートをしてくれます。

たいして求人サイトは検索型の転職サイトで代表的なものはリクナビNEXTです。求人サイトは基本的に個人で転職活動を行い、第三者のサポート(身内や知人以外)はなく自力で転職活動をしていきます。

どちらも転職するために欠かせないものですが、違いを把握しやすくするために表にまとめました。

転職エージェントと求人サイトとの比較
転職エージェント 求人サイト
代表的ものはリクルートエージェント
代表的なものはリクナビNEXT
求人数 公開求人自体は少ないが非公開求人が多数。 サイト上で求人をチェックが可能。非公開求人はなくすべて閲覧可能
気軽さ 専任のキャリアアドバイザーがカウンセリングを行い求人を選別し紹介していくためちょっと仕切りが高い。 サイト上にある求人情報に自分で応募。ある意味適当でも転職活動をスタートできる。
サポート キャリアアドバイザーが職務経歴書の添削や面接対策、面接日程の調整など対応してくれる。ある意味、転職することに集中できる。しかしそのサポートにも期限あり。 個人ですべて対応する必要あり。サポートは家族の協力にかかっている。期間は家族の忍耐次第。
客観的視点 キャリアアドバイザーがキャリアカウンセリングを行い、転職者の市場価値を判断する。キャリアから強みなどを引き出します。 サイトにあるキャリア診断を活用。知人、家族からの鋭い視点もあり?
応募件数 キャリアアドバイザーがキャリア診断をもとに求人を案内するので少なくなる。市場価値の高い転職者には多く案内できる。市場価値の低い転職者だと案内する求人がないってことも有り。 気持ちが続く限り応募できる。数宇打てば当たることも有り。本人の本気度で応募件数は変わる。
企業情報 エージェントの仕入れてきた裏側の情報まで得ることも可能 転職サイトから得る情報のみ
企業との調整 キャリアアドバイザー任せにすることも可能。 自分ですべて行う。仕事しながらだと大変かも。
結局どちらを使うといいの? 転職エージェントは使った方が絶対に良い!! 転職エージェントと平行して転職サイトへの登録は行った方が良い。

転職エージェントは登録すべきだが、転職者の市場価値が低いと判断されると登録ができない、もしくは登録したはいいけど案内してもらえる求人がないってことも有ります。

その際は転職サイトを使い自力で転職活動をすることになります。

転職エージェントは総合型の大手業種や職種、女性、第二新卒など特化したタイプの転職エージェントが存在します。転職エージェントのキャリアアドバイザーとの相性もあるので複数の登録がおすすめです。

どちらも一長一短がありますので転職エージェントと求人サイトはどちらも登録すべきです。

関連ページ転職エージェントとは?

転職エージェント利用の流れ

オススメ求人サイト2選

■リクナビNEXT

リクナビNEXT

■キャリコネ転職サービス

最大50万円の転職祝い金がもらえる。キャリコネ転職サービス

      2017/02/07

 - 転職エージェント, 転職コラム, 転職サイト