求人サイト比較。求人サイトはそれぞれ特徴有り。どれを使う?

求人サイト比較

転職活動をしていく中で転職エージェントと求人サイトに登録は必須です。求人サイトには各サイトそれぞれ特徴があり、独自サービスを展開しています。

今回はその求人サイトを比較します。

転職を考えたらまずは求人サイトに登録

転職エージェントに登録するだけでなく、求人サイトに登録することが転職活動のスタートです。私のオススメ求人サイトはリクナビNEXTキャリコネ転職サービスですが、各求人サイトにはさまざまな特徴があります。

その中で個人的には口コミが見られるキャリコネ転職サービスは必須です。

あまり多く複数の求人サイトに登録するとスカウトメールが山ほど来るので登録は厳選したほうが得策です。登録せずに求人サイトの情報をすみずみまでチェックしましょう。

求人サイトによって取り扱っている求人情報が違いますし、各サイトごとに独自のサービスを展開しているので自分の使いやすいサイトを見つける必要があります。その中で自分に合うと思った求人サイトに登録します。

求人サイトはキャリアシートを作成すれば、在職中でも時間帯に関係なくウェブ上で応募できる為に便利です。一度登録しておけば新たに作成する必要なく興味のある複数の企業に応募することが可能です。

キャリアシートは一度作成しておけばどの求人サイトでもコピペで対応もできますのでまずはキャリアシートを作成するべきです。

こういった求人サイトではキャリアシートや職務経歴書の添削はしてくれませんので一緒に転職エージェントにも登録して職務経歴書など添削してもらうのが賢い使い方です。

転職はこれだと思う企業との出会いが必要です。多くの求人情報のなかから自分に合う会社かどうか、条件、待遇を知らないといけません。

求人サイトをこまめにチェックすることは最低限、転職活動するうえでは必須の作業の一つです。

求人サイト比較

サイト名 特徴
オススメ キャリコネ転職サービス

キャリコネ転職サービスは3700万人の社員からつくる年収や残業、休日出勤などの実際に働いている社員からの企業の口コミをみることのできる転職サイト。しかも登録すると大手転職サイトにまとめて登録登録が可能。転職に成功すれば最大で50万円の転職祝い金がもらえる。今すぐに転職する気がなくても企業の口コミを見るだけでも登録の価値があります。
登録はこちら⇒<10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス
リクナビNEXT
リクナビNEXT
リクナビNEXTはリクルートが運営する国内最大級の転職サイト。圧倒的な求人数を誇る。87%の求人がリクナビNEXTのみでしか掲載のない求人。求人総合計9154件(H28/1現在)新着・更新求人が毎週1,000件以上。毎週水・金に更新。登録すると登録したレジュメを見た企業からスカウトメールが届き企業からアプローチがある。
登録はこちら⇒リクナビNEXT
DODA
インテリジェンスが運営するDODA。転職エージェントも同時に利用可能な転職サイト。求人数もリクナビNEXTより多く21,838件(H28/1現在)。新着求人数も2,700件を超える。毎週月・木更新。転職エージェントサービスも行っているので同時登録が◎
登録はこちら⇒業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」新規会員募集
BIZREACH(ビズリーチ)
BIZREACH
BIZREACH(ビズリーチ)はエグゼクティブを目指す会員制の転職サイト。管理職・グローバル人材に特化している。年収1000万以上のハイクラスの求人に強い。公開求人数44,635件。実力がある人はヘッドハンターからオファーが来るようになっている。こういった転職サイトでは珍しく有料のサービスも展開。無料でも利用は可能ですが、有料サービスを使うと非公開求人に直接応募も可能。管理職経験者はぜひ使った方がいいサイトです。
登録はこちら⇒選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACH
@type
@type
@typeは20~30代の求人情報に強い。リクナビNEXTやDODAと比べると扱っている求人数は少ない。しかし所要時間たった5分で診断できる
その場ですぐわかる転職力診断 @typeは転職するなら絶対にやっておくべきです。転職力診断のためだけでも登録価値があります
登録はこちら⇒転職サイト@type
MIIDAS(ミイダス)

MIIDAS(ミイダス)は人材大手のインテリジェンスから新しく登場したサービス。200万人の年収データと7万人の転職実績データから簡単な質問に答えるだけで自分の転職に関しての市場価値がわかる。職務経歴書、履歴書の作成などの文章入力、カウンセリングは一切不要なので楽に登録が可能。
登録はこちら⇒市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!
はたらいく
はたらいくはリクナビNEXTを運営しているリクルートグループです。リクナビNEXTとは違い地元に密着した企業の求人情報が多い。独自サービスの「らいく」はフェイスブックのいいねに近く、登録するまでではないがちょっと気になるときに押すことができる企業と新しい接点を作るサービス。お客様の笑顔が見える仕事をしたいなど仕事観から企業を検索することも可能。企業のホンネも掲載されているので転職する前に参考になる。
登録はこちら⇒はたらいく

求人サイトに登録したら

求人サイトに登録して求人情報をチェックしたら、今度は転職エージェントも活用しましょう。

転職エージェントは求人サイトでは掲載していない非公開求人をもっています。

転職エージェントにはさまざまなサービスを展開しており、転職活動を早く終わらせるには転職エージェントを利用するのが一番です。

転職先の業種や職種が定まっていない時は総合型の転職エージェントを利用するのがいいでしょう。総合型の転職エージェントは求人数も多く、さまざまな業種を扱っています。はっきりとした転職の方向性が決まっていない場合は総合型の転職エージェントが使いやすいと思います。

第二新卒や業種が決まっているようでしたら、特化型の転職エージェントも並行して利用すると転職活動がスムーズです。

関連ページ 総合型転職エージェント

特化型転職エージェント

まとめ

転職活動のスタートラインはこれだと思う企業との出会いです。そのため転職を考えたらまずは求人サイトに登録しておきましょう。

すぐに転職を考えていなくてもキャリコネ転職サービスのように他の企業の口コミを見たり、MIIDAS(ミイダス)で自分の転職市場価値を確認できるサービスがあります。

さまざまな求人サイトがあり、サービスや求人案件も違いがありますのでしっかりチェックしておくことが必須です。

      2017/05/25

 - 転職コラム, 転職サイト