転職はメリットばかりではない!転職のデメリットを知っておこう!!

転職をしようと考えたときにメリットとデメリットが何かを把握しようとするでしょう。

転職にはメリット、デメリットがあります。

当然、転職のメリットはたくさんありますが、良いことばかりに目を向けて、デメリットを考えないというのは良くありません。

転職のデメリットにも目を向け、判断することが大切です。

転職のデメリット

  • 退職金・企業年金が不利になる
  • 転職活動費がかかる
  • 履歴書・職務経歴書の作成の手間がかかる
  • 今まで築いてきた人間関係が崩れる
  • 今より待遇が悪くなる可能性がある
  • やってみてダメだった時の喪失感
  • 通勤時間の変化

こうやって見ていくと実際に転職は良いことばかりではありません。

ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

退職金・企業年金が不利になる

退職金には法律で定められたものではなく、会社ごとの規定で決められています。就業規則に退職金のことが書かれていなければ、退職金はありません。

会社は必ず退職金を払う必要はないのです。

たいていの企業が退職金の制度があるので、少なからず支給されますが退職金の金額は勤めていた年数によって変わってきます。

おおむね勤続年数が長くなると退職金は多くなる傾向があります。また、役職などの年数が長いと退職金が多くなる場合もあります。

単に年数だけではなく会社にどれだけ貢献してきたが重要になってくる場合もあり、その場合も役職年数が長い方が退職金が多くなります。

転職して社歴をリセットしてしまうと支払われる退職金が少なくなってしまいます。

※詳しくはこちらをご覧ください

「退職金」の相場・平均は? 転職で損をしないための基礎知識

参考:

https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/caripedia/26

企業年金も勤続年数が長い方が掛け金が大きくなりますので、転職してしまうとリセットされてしまいます。

退職金や企業年金は長く勤めることによるメリットがあるようになっています。

転職を何度もしているとその期間同じ企業に勤めているより確実に不利になります。

転職活動費がかかる

転職をしようとすると意外にお金がかかります。

在職中に転職するのか、退職後に転職するのかによってもかかってくる費用は変わります。

まずは共通する費用を見てみましょう。

■交通費

転職活動をしていくと、面接する機会が増えてくるのですが、その際に公共交通機関の電車賃やバス代がかかってきます。

また、時間に余裕がなくどうしてもタクシーを使うことになってしまい、交通費が余計にかかってしまうこともあるでしょう。

自家用車を使えば駐車場代やガソリン代もかかります。

■飲食代

転職活動の合間に時間を調節するためにそれなりに飲食店、特に喫茶店やカフェを利用することが多くなります。

面接前の最終確認や身だしなみを整えるために利用することがあります。

実際に私も面接は少し時間に余裕をもって会社の近くまで行き、面接前には必ず喫茶店やカフェで時間を過ごしていました。

面接で遅刻は一番寒いですからね。

■服装代

普段は全くスーツを着る機会のない方だとスーツを新調しないといけないかもしれません。

スーツだけでなくシャツやベルト、靴、カバンまでそろえようとすると最低でも2万ほどはかかります。

スーツを普段来ている方でもよれよれでは面接時の印象が良くないので新調したほうがいいでしょう。

■パソコン代

転職するにはパソコンは必須です。職務経歴書の作成や転職求人サイトに登録するなどパソコンを使用することになります。

会社のパソコンでは情報漏洩を防ぐために監視されていることが多いので使用するわけにはいきません。

自宅になければ購入は必須です。

■ネット代

パソコンをインターネットにつなげて使用する際に必要になります。

新しくパソコンを購入してネット環境を整える際に月5000円ほどは必要になります。

■書類作成費

職務経歴書、履歴書を作成するために若干の費用がかかります。

用紙の購入やパソコンで作った書類をプリントアウトするための費用などです。

自宅にプリンターがない場合はネットワークプリントサービスがあるので活用しましょう。

コンビニなどでプリントアウトが可能です。

※おもなサービスのURLを貼っておきます。

〇ファミリーマート・ローソンなどで利用可能
https://networkprint.ne.jp/sharp_netprint/ja/top.aspx

〇セブンイレブンで利用可能
https://www.printing.ne.jp/

■その他

転職先の会社に公共交通機関ではいけない場合は自動車の購入や遠方での面接は交通費も高額になってしまったり予想外の高額出費も考えられます。

また、新たな資格を取得するためのセミナー代などの資格取得するための費用がかかります。

■在職中、退職後ではかかる費用は変わる

在職中に転職活動をしていくのであれば以上の転職活動にかかる費用だけで済みます。

しかし退職後からの転職ではここからさらに普段の生活費を見ておかないといけないでしょう。

退職後は安定した収入がなくなりますので蓄えを取り崩していくことになります。

履歴書・職務経歴書の作成の手間がかかる

転職する際は必ず履歴書・職務経歴書を作成する必要があります。転職しなければこちらの書類を作成する必要はありません。

履歴書は手書きで書くかパソコンで作成するかという議論もありますが、手書きだと一社ごとに書く必要があるので何社も応募するならかなりの枚数を書くことになります。

パソコンで作成すれば手間はかなり軽減されますが、それでも時間がかかります。

履歴書は書いたことはあっても職務経歴書は初めてって方もいるでしょう。転職しなければ基本的に書くことがありません。

初めてであれば何を書いていいかわからないなんてこともあるかもしれません。

職歴が長い方は今までの職務経歴を書き出していく時間もかかるでしょう。

今まで築いてきた人間関係が崩れる

今まで一緒に働いていた同僚との人間関係が良好だったとしても転職することによって変化して崩れていくこともあります。

毎日のように顔を合わせている状態から合わさないようになると関係性が薄くなり、最終的には音信不通になってしまうかもしれません。

仕事上の付き合いだけだと転職すると関係が途切れてしまうことが多いでしょう。

今より待遇が悪くなる可能性がある

転職すると必ず待遇が良くなるわけではありません。

現在職場の待遇に不満を持っていて転職で解決しようとしても、結果的に転職先が残業や休日出勤などを前職よりしないといけない職場かもしれません。

求人票の内容と実態が異なっていたため、働いてみて気づくことになります。

給与面に関しても、初任給は高くても、昇給が全然ないようであれば、結果的に前職のほうが良かったということになりかねません。

転勤ありとは書いてなくても、結果的に転勤が必須の企業もあるかもしれません。

面接時に気づかないことで実際には不都合がいろいろある場合も。

やってみてダメだった時の喪失感

転職先が自分と合うかどうかは実際に働いてみるまで分かりません。職種や業種によっても変わってきますが、会社が変われば一から仕事を覚えていくことになります。

実際に仕事を覚えるまでに時間がかかりますし、やってみたはいいが結局うまくいかないこともあるかもしれません。

職場が変わると今までうまくできていたことも意外にできなくなるものです。

通勤時間の変化

待遇が良くなっても通勤時間がいままでよりかかるようになる可能性もあります。
通勤時間だけでなく通勤方法も変わることもあるでしょう。

近い職場になればいいですが、遠くなる可能性も捨てきれません。

最後に

転職するとバラ色の未来が約束されるわけではありません。転職のデメリットをしっかり把握しておいておくことが必要です。

転職する時は自分の力だけでなく転職エージェントを利用するとある程度デメリットは軽減されることがあります。

転職先への年収や待遇の交渉は自分自身で行わなくても転職エージェントがあなたの代わりに行ってくれます。職務経歴書などの作成でも転職エージェントは力になってくれます。

転職先の内情も転職エージェントは把握していることも多いので情報を得ることができます。

転職のデメリットを少しでも回避するために転職エージェントを利用しよう

おすすめ転職サイト群

【最新】転職エージェント登録ランキング

当サイトから登録数の多い転職エージェント

これから転職活動するなら絶対に登録すべき転職サイト

もし転職の段取りが決まっていなかったり、迷っているなら絶対に登録すべき転職関連サイトをご紹介します。仕事が忙しくて転職活動をなかなか進められていない人にもおすすめですよ。

まずは超定番の転職サイトで求人情報を数多くチェックし、非公開求人の紹介を得るために転職エージェントを利用します。
また転職エージェントでは模擬面接や職務経歴書の添削をしてもらいます。

そして企業の口コミサイトで実際に働いている人からの情報を収集する方法が確実です。

もちろん登録は完全無料ですよ。

☆リクナビNEXT

求人業界最大手のリクルートが運営する超定番の転職サイト。求人数は圧倒的に多く、都市部から地方まで網羅しています。まず最初に登録すべきサイトです。

☆キャリコネ転職サービス

企業で働く社員の生の声を見ることができる口コミサイト。残業や給料や社風などを事前にチェックできます。もちろん求人サイトでもあるので登録して求人情報の閲覧も可能。

☆リクルートエージェント

求人業界最大手のリクルートが運営する転職エージェント。業界最大手ということもあり日本各地に拠点が有り地方在住でも使いやすい。また求人数も多く転職実績も業界最多。やはり業界最大手の強みがあります。

☆JACリクルートメント

外資系やエグゼクティブクラスの求人情報に強いイメージもあるが、地元企業なども求人案件もしっかり持っています。コンサルタントが企業に直接訪問しているため企業の文化や風土、事業戦略までも把握し、他では得られないリアルな情報をタイムリーに持っています。

是非試したい自己診断テスト

@typeの診断力テスト 1
@type:転職力診断テスト

無料!転職力診断テスト@type あなたの転職力はいったい何点なのか? IT・通 ...

グッドポイント診断 2
リクナビNEXT:グッドポイント診断

    自分の強みを見つける!5つの強みで転職を有利に 自分 ...

   

 - 仕事を辞めたい時, 転職コラム, 転職活動