20年前の私の教えてあげたい!転職なんて怖くも難しくもないってことを

経験が浅いうちは転職は怖いと思ってしまう

40代で転職5回経験済み

40代の私は結局、転職を5回経験して5社転職しています。

5回転職すれば6社経験しているはずですが、現在は4社目の会社に出戻りしています。

何回も転職していると転職することに抵抗がなくなりますね。

最初は転職に抵抗がありましたが、慣れてしまうもんです。

最初の転職で苦しんだが…

初めて転職するときは大いに悩み、転職することに苦労した経験ももっています。最初の転職は知恵もなく、経験も当然ないので転職するのに時間がかかりました。

ですが、それ以降の転職では転職して年収が大幅にアップすることに成功し、会社の代表を努めることになった経験もあります。現在の会社での役職は恥ずかしながら代表取締役です。

転職することによっていい思いもしましたし、非常に苦労したこともあります。転職して成功も失敗も経験してきました。

転職で人生が変わる

転職は今では難しいものとは全く思っていませんでしたが、20年前の私は転職なんてするものではない、してはいけないものという意識が強くありました。そして私は非常に臆病でした。

転職をすることによって人生が良くも悪くも大きく変わります。変化することにおびえていました。

転職して自分の環境を良くするために知っておかないといけないことがあります。だからこそ今の私から当時の私に教えてあげたいことがいっぱいあるのです。

それは転職することは難しいことでもないし、ダメなことでないってことです。

いい加減な性格では就職も転職もうまくいくわけはない

就職も転職も無計画はダメ

全くもってその通りなんですが、当時の私は本当にいい加減に生きていました。

まず、初めての就職活動では、無計画に行動していました。

20年前の私は学生気分が抜けず、適当に行動し、就職する業界のことも全く考えず、そして調べずに就職活動をしていました。

夏までに就職する会社を決めるという漠然とした目標がありましたが行きたい業界も決めず、就職はただ大変だというイメージことだけでいろいろな会社にエントリーシートを送っていました。

ただただやみくもに送っていましたね。

今と違いネット環境はまだ未発達だったので、リクナビと大学の就職課や会社四季報などを使っていました。しかしうまく活用ができず、ただ会社の知名度だけが私の中の判断基準でした。

そんな判断基準では隠れた優良企業は見つけられません。

結局決めた会社は居酒屋のバイトをしていたからという理由で外食産業の会社に就職しました。こんな単純な理由で人生を決めてしまって今となっては本当にバカだったと思います。

今の時代どうすれば良いのか?

それは就職活動をサポートしてくれるサービスが存在します。それを大いに活用しましょう!

20年前の私に教えてあげたい。こんなサービスがあるんですよと。

当然リクナビに登録するのは当たり前。+αとして転職エージェント的な支援サービスを活用しまくるのが間違いなく一番の近道です。

学生のための就職サイトで一番メジャーな存在

リクナビ

そして、当時の私が知っていれば全部登録して就職を万全にしていたに違いない就活サービスの数々。就活で悔いを残さないためにもすべて登録させたいです。

学生時代は運動部。アスリートを自認するならでも運動部以外もOK!毎年約13,000人が登録

アスリート就職ナビ

テレビ局、広告会社、新聞社、出版社などに就職したい。広告・Web・マスコミ業界を目指すなら

【マスナビ】

首都圏在住なら転職エージェントと同じようにコンサル歴10年!ベテラン揃いの専任のアドバイザーが就職をサポート

キャリセン就活エージェント

こんなものがあるなんて!お肉で繋がる、企業の人事に焼肉をご馳走して貰える就活サービス「ニクリーチ」

人事の方とお肉を一緒に食べることで、打ち解けた雰囲気で、企業研究をすることができる

内定に向けた無料の就活相談、セミナーを積極開催!内定獲得に向けた就活の方法、面談対策、なんでも相談可能!

内定獲得まで無料サポート【就活ドラフト】

結局ブラック企業に入ってしまった

大学時代、居酒屋のバイトを4年間続け、飲食業が好きな自分に気づいたこともあり、飲食業がメインの業界ということで就職活動を行うようになった。

ということでそんなこんなで就職した会社は比較的大きな会社で飲食業をなりわいとする会社に就職になった。
そこは今で言うブラック企業でした。

よく調べもせず適当な理由で入った会社はブラック企業でした。

上記の就職支援サービスを活用ができていたら、就職アドバイザーを使っていれば回避出来ていたと思います。

同期は転職を決意するが、私はできないと思っていた

仕事は好きだけでは続けられない

外食産業で働き始めた私はもともと料理を作ることが好きということもあって仕事を頑張ることができました。

しかし、就職した会社は歴史のある外食産業の会社だったので職人的な思考の先輩も多くいました。

教えるより技術は盗め、休みなく働き、時間があれば休憩ではなく、包丁さばきの練習やレシピを覚えろということで休日や休憩をとるより修行、修行という感じでした。

同期も料理が好きで入社したものばかりでした。

しかし、入社時は同期が14名しましたが、私を含めた3名を除き、1年持つことなく退職していきました。

ブラックな状況に耐えられるのか?

飲食業界はお店の構造上、勤務時間が長くなることが多いのです。

私が働いていたお店は居酒屋でしたが、社員は店長、主任、2年目の先輩社員、新入社員の私の4名だけ。もちろんお店はこの4名だけでは運営できません。

ランチでは厨房、ホール合わせて8名のパートさん、夜は同じく厨房とホールでアルバイトが10名は必要でした。もちろんアルバイトが集まりにくい時期があり、テストの時期、クリスマスなどのイベントの日などは足りないこともザラでした。

足りなければ社員で補完するしかなく、休日出勤が半ば当たり前でした。それは新入社員も同じです。

そういった環境だったため、1年で大半の同期が辞めていきました。その時の私は退職することが怖かったのです。親の手前ということもあったと思います。

だから会社に残る選択をしたのです。

現在、第二新卒は実は転職しやすい

第二新卒の転職は珍しくない

入社1年で退社したものは、今でいうと第二新卒と言われる転職希望者になります。

その時の私に教えてあげたい!「第二新卒は企業としても結構積極的に採用している」と。

第二新卒、既卒(卒業してそのまま就職しなかった学生のこと)専門の転職エージェントがあるなんて全く知りませんでした。

じつは第二新卒は転職市場において需要が高いのです。

半数以上の企業が積極採用していますし、新卒で就職活動をしていたときには入ることができなかった企業に転職することができたなんてことも可能です。

第二新卒・若年層に特化した転職エージェント

地方から東京に仕事を探すのも難しくない

そして私は田舎モンだったので東京で仕事をしたいと思っていました。

しかし具体的にどうすればいいか分からなかったし、一緒に住む所を探すということもできないと思っていました。

今だったらこんなサービスがあります。

地方から東京に出て仕事したい人に朗報!仕事と家探しが一度にできる

コレも当時あったら、今の私とは違った生活になっていたのではないかと思います。

ブラック企業で働き続ける意味はない

不遇な管理職

辞めずに続けた私は役職がつくようになり、入社4年目にして、当時最年少で店長に就任することができました。店長になれば多少給料も上がるしうれしかったのですが、コレが結局、私自身の周りを黒色に染め上がる事になりました。

決定的なブラック企業の洗礼を味わうことになったのです。

みなし管理職問題で2008年1月にマクドナルドが店長は管理監督者とみなして残業代を払わないのは違法だとして東京地裁が過去2年分の未払いの残業代など約700万円の支払いを命じる判決が下りました。

まさしく私も店長として残業代もでず、アルバイトが足りなければ、自分を犠牲にすることでお店を運営していました。マクドナルドの事例と全く一緒でした。

一番ひどい月で休みがランチ出勤した後、夜の営業時間は休むという半休一日だった。当然残業代もありません。

入社した当時は朝10時にはお店に出勤してランチの準備をし、ランチと夜の営業の間の時間は休憩時間ということで死んだように寝て体力を回復していました。

しかし店長になったら会社からは店長として宴会のお客様を捕まえるために近隣の会社に営業に行けと指示が出たため、朝の準備から閉店まで実質的に休憩がなくなってしましました。

ランチ営業をしてから23時の夜の営業の片付けが終わるまで休憩がほとんどなく、結局終電ギリギリまで働き、終電で急いで帰るいう日々を送ることになったのです。

そして休日に関して本当は月最低8日あるはずなのに、良くて2日というのが現実でした。

私たちの会社では誰も訴えませんでしたが、マクドナルドと全く一緒で裁判をすれば勝訴していたのではないかと思います。

その時の私は休みがないのでカラダがきつくても転職できない、転職活動をする時間がないと思っていました。

しかし転職しないと将来カラダが持たない!転職しないとつぶれてしまうと思いましたので転職を強く意識するようになっていきました。

休みが取れない人ほど転職エージェントを使うべき

忙しければ転職活動をサポートしてもらう

休みがなかなか、取れず転職サイトを使って私で会社を探し、面接などの段取りを決めていくと言うのは無理だと思っていました。

そんな方でも転職活動が進められるサービスはまさしく転職エージェントです。

当時の私は転職エージェントというものをまったく知りませんでした。

転職エージェントとは?

忙しく休みが全然取れない方でも転職活動を進めようと思うのであれば必須のサービスです。

転職活動は在職中に行った方が良い

当時の私は転職エージェントというものをまったく知りませんでした。だから転職活動をするために完全に会社を辞めてから転職活動を行いました。

またこれが間違いだったと思います。

転職活動はどれだけ時間がかかるか分かりません。人によって早い人もいれば、時間がかかる人もいます。当然、年齢も関係します。ですので絶対にいつまでに決まるということが言えません。

だから転職活動は在職中に会社に隠れて進めていくべきでした。

例え時間がかかっても給料が途切れることはありませんので金銭面での心配がなくなります。またお金が尽きることで慌てて転職してしまうこともないでしょう。

お金の心配もないのでじっくり私に合う会社を探すこともできます。

より自分にあったより良い条件の会社に転職するために転職エージェントを積極的に使っていくべきです。

私のように会社を辞めてしまってから転職活動をするのであれば時間は十分にあるはずです。しかし長期的に転職活動をすることはできません。

だからこそ転職エージェントは複数登録しておくのです。

転職エージェントは複数登録してフル回転に活用する

時間があり、より積極的に行くのであれば転職エージェントは複数登録するべきでしょう。

総合型転職エージェントまとめ

より専門的な転職エージェントはこちらです。

特化型転職エージェント

転職に慣れてしまえば怖いことが一つなくなる

転職になれることは果たして良いことなのだろうか?

そう考える人は多いのではないでしょうか?

ですが、終身雇用制度も崩壊し、一度入ってしまったら定年まで安泰ということもなくなったのではないかと思います。

結局、私は転職を4回経験することになりました。転職はしっかり準備をして真剣に取り組まないと失敗するかもしくは後悔をすることも覚えました。

転職失敗と感じた時に「しまった!」と思うはずです。

もちろん、就職でも同じ。私の強みを把握し、業界を研究し、応募していくこのルーティーンは変わりません。

生涯にわたって一つの会社にしがみつく必要はありません。会社が自分を裏切らない保障もありません。

転職に慣れてしまえば、転職が怖くなくなれば、「危ない会社」から素早く逃げることもできるようになります。

昔の自分に教えたいことのまとめ

  • 就職活動はまじめにやれ!
  • 就職活動で利用できるサービスはしっかりと活用しろ!
  • 転職は怖くない!
  • 転職は難しくない!
  • 第二新卒で転職はチャンス!
  • ブラック企業だと思ったら即転職を考えろ!
  • 地方から東京に転職もそんなに難しくない!
  • 転職エージェントを活用しまくれ!

これが昔の私に教えていきたいことのまとめです。知っていれば今とは違った人生だったんだろうなと本当に思います。

オススメサイト群



【最新】転職エージェント登録ランキング
当サイトから実際に登録数の多い転職エージェントは ⇒こちらをチェック



これから就職活動するならオススメしたい転職サイト

もし転職の段取りが決まっていなかったり、迷っているならオススメしたい転職関連サイトをご紹介します。 仕事が忙しくて転職活動をなかなか進められていない人にもお勧めです。 まずは超定番の転職サイトで求人情報を数多くチェックし、転職エージェントを利用して、非公開求人の紹介を受け、模擬面接や職務経歴書の添削をしてもらい、企業の口コミサイトで実際に働いている人からの情報を収集する方法が確実です。 もちろん登録は完全無料ですよ。

☆リクナビNEXT

求人業界最大手のリクルートが運営する超定番の転職サイト。求人数は圧倒的に多く、都市部から地方まで網羅しています。まず最初に登録すべきサイトです。

登録はこちらリクナビNEXT

☆キャリコネ転職サービス

企業で働く社員の生の声を見ることができる口コミサイト。残業や給料や社風などを事前にチェックできます。もちろん求人サイトでもあるので登録して求人情報の閲覧も可能。

登録はこちら10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス

☆リクルートエージェント

求人業界最大手のリクルートが運営する転職エージェント。業界最大手ということもあり日本各地に拠点が有り地方在住でも使いやすい。また求人数も多く転職実績も業界最多。やはり業界最大手の強みがあります。

登録はこちらリクルートエージェント

☆JACリクルートメント

外資系やエグゼクティブクラスの求人情報に強いイメージもあるが、地元企業なども求人案件もしっかり持っています。コンサルタントが企業に直接訪問しているため企業の文化や風土、事業戦略までも把握し、他では得られないリアルな情報をタイムリーに持っています。

登録はこちらJAC Recruitment

      2017/08/15

 - 転職エージェント, 転職コラム, 転職サイト, 転職活動