要チェック!【個別解説】面接の身だしなみ、服装~女性編です

面接身だしなみ女性

好感を与える身だしなみをポイントごとに解説する、こちらは女性編です。

面接の身だしなみで重要なポイントは清潔感です。面接の第一印象を決定する見た目にしっかり気を配っていく必要があります。

ポイントごとに注意点をしっかり説明していきますのでチェックしていきましょう。

男性の方は『要チェック!【個別解説】面接の身だしなみ、服装~男性編です』をご覧ください。

面接時の服装

一般的に面接時の服装はスーツを着用します。一部のクリエイティブな業種の方以外はスーツを着用することが正解です。

アパレル関係やデザイン関係などのクリエイティブな業種に転職しようとする方はスーツ着用にとらわれずに服装を選んでもいいと思います。

クリエイティブ系だとスーツでは逆に印象が悪い可能性もあります。その場合も潔感は保っておきましょう

面接用スーツ・ジャケット

スーツは紺系、グレー系にしておくのがいいでしょう。色はダークな色を選ぶと失敗がない。ですが男性の場合と違いベージュのスーツも女性らしい柔らかい雰囲気があり面接に使用しても問題ありません。

リクルートスーツである必要は全くありません。ボタンの数は1つ~3つなどいろいろな形がありますがどれを選んでも問題ないでしょう。

面接用スーツ・ボトムス

女性の場合、スカートにするかパンツにするか選択肢があります。スカートの方が受けがいいと言われることもありますが基本的にどちらでもいいでしょう。自分の雰囲気に合わせて選んで問題はありません。

もしくは、自分の希望する職種に合わせてスカートにするかパンツにするか選ぶのもありです。

例えば受付や事務職、秘書など女性らしさを演出するためにスカートスタイルにするのがおすすめです。スカートの方が華やかな雰囲気が出ますので女性としての美しさをだせるのはパンツよりスカートです。

営業職などバリバリのキャリアウーマンのようなイメージを演出するためにパンツスタイルを着用するのがおすすめです。きびきびを活動的な雰囲気が出ますので仕事ができる感じを受けます。

自分の好みと選ぶ職種でどちらにするか決めるといいでしょう。

スカートの場合はひざ丈ぐらいの長さのものを着用。深くスリットが入ったものは避けておきましょう。パンツの場合はさすがにクロップドパンツを選ぶことはないと思いますが、カジュアルなものは避けましょう。パンツのラインがきれいに出るようにしっかりとプレスされたものを着用するように。

スカート、パンツともにしわや汚れのないように事前にクリーニングに出しておくといいでしょう。

面接用インナー

女性はインナーの選択肢が多くブラウスでもカットソーでも問題ありません。

ブラウスの場合、男性では白シャツがおすすめですが、女性は白ではなく淡い色のブラウスがおすすめです。白はダークな色のスーツと合わせるとリクルートスーツの雰囲気全開です。ブラウスは大きく胸の開いたものは避けましょう。また、フリルのついたものもありますが、その場合は控えめなものを選ぶようにしておくのが無難です。

ブラウスの場合、袖口、襟など汚れや余計なシワが寄らないように事前にクリーニングしておくといいでしょう。

カットソーの場合は白のカットソーが清潔感が出ていいですが、淡い色のものでも問題ありません。逆に黒でもインナーとして使ってもOKです。女性の場合は清潔感があり似合っていればなんでもOKな感があります。

ブラウス、カットソーともにジャケットを脱いだ際に下着が透けないように気をつけましょう。

面接用ストッキング

ストッキングは無地のベージュが無難です。

タイツや装飾の入った物はスーツには合いませんのでやめておきましょう。黒のストッキングも女性はよく着用しますが、暗いイメージになるのでやめた方がいいでしょう。

面接用靴

黒のシンプルなパンプスがいいでしょう。ヒールはあまり高くないものにしておきましょう。高いヒールは歩くのも不便ですし。サンダルやミュールはNG。スーツの色によっては黒が合わないこともありますのでその場合は茶色やベージュもありです。

靴は予想以上に目立ちます。汚れがないようにきれいに磨き上げておくといいでしょう。靴が汚いのは非常に印象が悪い。

面接用かばん

A4サイズの書類が入る大きさのビジネスバックがいいでしょう。色は靴と同じ色もしくは黒が無難です。材質はナイロンでも革でも問題ありません。

大きなブランドのロゴが入った物やトートバッグのようなカジュアルなものがNGです。

面接時に床においても倒れないように自立するかばんがベターです。

時計、アクセサリー、メガネなど

時計はあまり派手なものやブランド全開なものはやめましょう。ビジネスで使えるシンプルなものがベターです。カジュアルな時計をするならまだない方がマシです。

シンプルな文字盤にベルトが黒や茶の革もしくはシルバーのプレスタイプは清楚で上品な印象を受けます。

アクセサリーは派手な物は避けましょう。女性の場合、シンプルなアクセサリーは着用しても業界によってOKです。銀行のような堅めの業種は外しておいた方が無難です。

ブレスレットや結婚指輪以外の指輪はどの業界でもやめておいた方がいいでしょう。つけるならシンプルなシルバーやプラチナのネックレスのみです。

メガネはきれいに拭きとっておきましょう。派手なデザインではなくシンプルなものがいいでしょう。

香水などにおい

面接会場は密室です。においがきついのは面接だからではなく、エチケットです。

香水はつけるのはやめておきましょう。

体臭が気になる人は必ず制汗スプレーなどを使用しておきましょう。

口臭が出ないように事前にブレスケアも忘れずに。たばこを吸う方は面接が終わるまで我慢しておきましょう。

ネイル・マニキュア

女性の場合、爪を伸ばしたり、ネイルやマニキュアをしたりすることも多いですが、クリエイティブ系の業種を除いてネイルはしないのが無難です。

基本はしないのがいいのですが、爪の状態によってはマニキュアを塗った方がいい場合もあります。その場合は薄いピンクなどの目立たない色を使うように。派手な色はNGです。

長い爪は切っておきましょう。

髪型

ロングヘアは一つにまとめてすっきりとしたイメージにしておきましょう。お辞儀したときに顔にかからないように。カラーリングをしている場合は派手な色をさけ、根元の色が目立たないようにする必要があります。明るい髪色はNGです。

前髪は目にかかるようなら分けておき、顔を出すように髪をまとめるようにするといいでしょう。

きっちり整えるようにしましょう。

メイク

メイクは絶対にナチュラルメイクに徹してください。派手なメイクはNGです。普段より、よりナチュラルメイクにしたほうがいいでしょう。

明るくなるようにメイクする、また口紅の色も自然で明るい色にするようにしてください。

グロスや濃いアイメイクやつけまつげなどはやめておいた方が無難です。

まとめ

女性に関しては男性に比べ選択肢が多いです。

清潔感を意識して万人受けをするように気をつけましょう。

いつもと違うメイクや髪型などで恥ずかしいもかもしれません。しかし面接での身だしなみは第一印象を決定する大切なものです。面接の服装で大切なのは個性ではありません。

いろいろなこだわりがあるかもしれませんが、面接の際はファッション性より清潔で健康的なイメージを持たれるようにしていきましょう。

社会人として恥ずかしくないように身だしなみを整えましょう。

      2016/03/14

 - 転職コラム, 面接対策