要チェック!【個別解説】面接の身だしなみ、服装~男性編です

身だしなみ男性

好感を与える身だしなみをポイントごとに解説する、こちらは男性編です。

面接の身だしなみで重要なポイントは清潔感です。面接の第一印象を決定する見た目にしっかり気を配っていく必要があります。

ポイントごとに注意点をしっかり説明していきますのでチェックしていきましょう。

女性の方は『要チェック!【個別解説】面接の身だしなみ、服装~女性編です』をご覧ください。

面接時の服装

一般的に面接時の服装はスーツを着用します。一部のクリエイティブな業種の方以外はスーツの着用することが正解です。

アパレル関係やデザイン関係などのクリエイティブな業種に転職しようとする方はスーツ着用にとらわれずに服装を選んでもいいと思います。その場合も清潔感は保っておきましょう。

面接用スーツ・ジャケット

ビジネススーツで問題ありませんが、色はダーク系にしておくのが無難です。

黒、紺、グレーが一般的です。あまり明るすぎる色は避けましょう。

シングルスーツで2つボタンでも3つボタンでも問題ありません。ダブルのスーツは若い世代では貫禄が出てしまうので避けた方がいいでしょう。年配の方でしたら、ダブルでも貫禄がいいあんばいになる可能性もあります。一般的には避けた方が無難です。

サイズがきっちりあっているものを着用するように。

しわや汚れのないように事前にクリーニングに出しておいた方がいいでしょう。肩にフケがないように確認してください。

面接用スーツ・スラックス

スラックスはしっかりとプレスされていることが重要です。折り目がきれいに入っているスラックスは非常に清潔感があります。事前に汚れなどのないようにクリーニングに出しておいた方がいいでしょう。

スラックスの丈はハーフクッションかワンクッションが入るくらいの長さがベストです。裾はシングルでもダブルでも構いません。これは好みの問題ですが、ダブルの方が裾に重みができるので裾がまとまりやすいです。ダブルの幅は3.5cm~4.5cmが一般的です。個人的には4.0cmがいいと思います。

面接用シャツ

シャツは白が無難です。薄い青色も最近ではビジネスの色として浸透してきましたがここは白にしておきましょう。色柄が派手なものは避けておいてください。襟の高いシャツは面接には合わないので普通の高さ襟のシャツに。

シャツでのチェックポイントは袖口、襟元の汚れとしわです。

汚れやしわがないように事前にチェックをしておきます。

ジャケットを脱ぐことも想定してシャツの下に柄物のTシャツが透けているということもないように白無地のアンダーシャツを着ておいた方がいいです。

シャツのネックサイズがあっていない状態は貧相に見え頼りなく感じるのでネックサイズは適正サイズのシャツを着用しましょう。

シャツのネックサイズはシャツの第一ボタンを留めて隙間に指が2本入るくらいがジャストサイズです。第一ボタンを閉めずにネクタイを締めないように。

面接用ネクタイ

ネクタイは唯一個性を出してもいいものです。派手すぎるのは問題ですが、自分に合ったものを着用してもOKです。ですが白もしくは黒のネクタイやキャラクター物は避けた方がいいです。

ソリッドタイやストライプやドット、小紋柄のようなクラシックな柄を選ぶと良いでしょう。

応募企業のコーポレートカラーに合わせてみるのもいいと思います。例えば、みずほ銀行は青、三菱東京UFJは赤がコーポレートカラーになりますのでそれに合わせてネクタイを着用するのもいいのではないでしょうか?

また、ネクタイの色で相手の印象が変わるといわれているので企業の求める人材のイメージに合わせてネクタイを選ぶのも有りです。

・赤:活発、情熱的な印象を与えます。原色に近くなると活発に、暗くなると落ち着いた印象になります。
・青:冷静、理性的、礼儀正しいといった印象を与えます。明るい青はさわやかに、暗くしていくと落ち着いた印象になります。
・黄:明るい、元気さなどの印象を与えます。和ませる効果もあります。
・茶:落ち着き、穏やかさ、堅実、安定といったイメージをもたらします。

面接用ベルト

ベルトはスエードや布のベルトは避け、プレーンなベルトを選ぶといいでしょう。ベルトの穴は中央の穴に通すのがベストです。ひび割れたものや色あせたものはやめておきましょう。バッグルなど派手なものは避けるように。

黒のプレーンな革のベルトを選んでおけば問題ないでしょう。ベルトは靴に合わせて色を選ぶものですが、靴も黒色の革靴をはくことを推奨しています。

面接用靴

黒の革靴を選べばOKです。ブーツやスニーカーなどのカジュアルなものは避けましょう。またローファーはビジネスに向かない靴と言われているのでやめておきましょう。あまりロングノーズの革靴も面接には不向きです。

プレーントゥやストレートチップの黒の革靴を選び、きれいに磨き上げておきましょう。

靴で人を判断することも多いのできれいに磨き上げられた靴の評価は高いです。

面接用かばん

面接用のかばんは、応募書類、筆記用具、携帯電話、手帳などが入ればOKです。A4サイズの手持ちのビジネスバッグを選べば問題ありません。普段かばんを使わない方も必ずかばんを持って行った方がいいです。

高級ブランドのかばんもいやらしいので避けた方がいいでしょう。トートバッグなどのカジュアルなものはやめておいてください。

かばんは面接中に床に置く場合もあるので自立するものの方が便利です。ナイロンでも革のものでもOKですが、色は黒が無難です。

靴下

黒もしくはスーツの色に合わせたビジネス用の靴下を着用。

白やスポーツソックスはやめてください。座った際にすねが見えないように長めの靴下がいいでしょう。

時計、アクセサリー、メガネなど

時計はビジネスで使えるシンプルなものが好ましいです。ブランドの時計やカジュアルな時計はやめておきましょう。

アクセサリーは必要ありません。結婚指輪とネクタイピンくらいです。ネクタイピンも着用してもいいですがシンプルなものを着用しましょう。

メガネはきれいに拭きとっておきましょう。派手なデザインではなくシンプルなものがいいでしょう。

香水などにおい

面接会場は密室です。においがきついのは面接だからではなく、エチケットです。香水はつけるのはやめておきましょう。体臭が気になる人は必ず制汗スプレーなどを使用しておきましょう。

口臭が出ないように事前にブレスケアも忘れずに。たばこを吸う方は面接が終わるまで我慢しておきましょう。

髪型

黒髪で短めの清潔感のある髪型がいいでしょう。

ポイントは
・前髪を上げておでこを出す
・耳にかからないようにする
・襟足は短く整える

の3つのポイントを抑え寝癖をつけて置かないようにし、ラフに跳ねていない方がいいでしょう。

一部のクリエイティブな業種を除いては上記のように髪を整えれば問題ありません。ロングヘアーや茶髪はいまでも面接では嫌われますので黒髪短髪にしておきましょう。

肌つや、ひげ、眉毛、鼻毛、爪など

肌つやが悪いと不健康そうに見えます。面接の前日は睡眠をしっかりとったり、サプリメントなどで調子を整えておくといいでしょう。目ヤニがついていないか事前にチェックを。

ひげは必ずそっておきます。ひげがない方が清潔感があります。ひげがOKでも面接当日はそっておいた方が無難です。

眉毛は細く整えられすぎの眉毛はいい印象を持たれません。無駄な部分をカットしてもいいですがやりすぎないように。

鼻毛が出ているのは単純に恥ずかしいです。間抜けな印象がぬぐえませんので面接前に事前に確認を。

指先は意外と目立つもの。爪はきれいに切り、爪アカがないように。

まとめ

面接での身だしなみは第一印象を決定する大切なものです。面接の服装で大切なのは個性ではありません。

いろいろなこだわりがあるかもしれませんが、面接の際はファッション性より清潔で健康的なイメージを持たれるようにしていきましょう。

      2016/03/14

 - 転職コラム, 面接対策