転職エージェント利用の流れ

転職エージェント手順

ここでは代表的なリクルートエージェントを例に紹介します。基本的にどの転職エージェントも登録からの流れは同一です。

  1. 転職エージェントに登録
  2. メールにて連絡、面談日時決定
  3. 面談、求人企業紹介
  4. 求人企業に応募→面接、採用試験→企業から合否の通知
  5. 内定、入社

という流れになります。

1.転職エージェントに登録

転職エージェントに登録する

まずはネットから転職エージェントに登録します。

公式サイト

【リクルートエージェント】

登録画面より必要事項を入力します。大体、入力時間は3分ほど

職務経歴書や履歴書がデータとしてある場合は非常にスムーズにサービスの利用ができます。

関連ページ総合型転職エージェント

特化型転職エージェント

2.メールにて連絡があり、面談日時を決定

入力して申し込んだ後、メールにて面談日時の希望日を返信するように連絡が来ます。

リクルートエージェントの場合、第三希望まで確認していました。

面談日時が決定したらキャリアアドバイザーと面談することになります。

3.キャリアアドバイザーと面談

ここで各拠点に出向き、キャリアアドバイザーと面談します。

拠点まで遠くいけない場合は、電話もしくはメールにてやり取りになります。

面談では、いままでの経験、退職理由、求人で求めるもの(年収、待遇、希望勤務地、希望の業種、職種など)を確認します。

リクルートエージェントの場合、この時に職務経歴書があれば持参、できていない場合はキャリアを控えたものを(メモ程度でOK)持ってくるように言われました。

キャリアアドバイザーがこちらが用意した職務経歴書をもとに今までのキャリアを棚卸していきます。

その中でざっといけそうな求人を数件紹介されます。またキャリアアドバイザーが求人票に記載されていないような細かな情報を教えてくれたりします。(例えば企業の実際の職場の雰囲気や以前に転職事例をもとにした情報、年収など)

紹介された求人案件に応募するかは自由です。希望に合わない時はその旨を伝えた方がいいですね。

面談時に転職エージェントの中で紹介できそうな求人案件がない場合は後日メールにて求人の紹介があります。

注意:年齢が高すぎたり、学歴などが低い場合は案内できる求人がないかもしれません。
これは個人的な事例でちょっと古い情報ですが、平成18年ごろ知人の女性がリクルートエージェントに登録したい際には最初から案内できる求人がないといわれました。この女性は年齢は20代後半、学歴が高校中退、まともに就職したのが1社で1年ほど。普通に考えて厳しい状態でしたので仕方がないかもしれません。

今であれば女性専門の転職エージェント20代の専門の転職エージェントもあるのでそちらだったら案内できる求人はあったかもしれません。

※企業に求人のエントリーする前に

履歴書や職務経歴書の添削が行われます。私の場合はA4で5枚ほどの長すぎた職務経歴書だったため2枚程度に短くまとめてもらいました。書き方もシンプルに見やすくなっており自分のキャリアが一目でわかるように添削されていました。

この職務経歴書の添削は非常に助かります。転職エージェントのサービスの中でも私はこれが一番助かりました

4.応募・書類選考・面接・試験

 

.応募・書類選考・面接・試験

応募する企業が決まれば、ネットでマイページから応募します。

リクルートエージェントの場合は「Personal desktop」という自分の専用ページが用意され、そこにオススメの求人情報が掲載されます。企業への応募は「Personal desktop」から簡単できるようになっています。

「Personal desktop」ではそのほかに求人案件の検索ができるようになっており、自分で求人の検索や応募もできるようになっています。

応募した企業から書類選考したのち面接、筆記試験などの日程の連絡が来ます。もちろん書類選考の段階で不採用の連絡もあります。

合否の連絡はすべて「Personal desktop」に来るようになっています。

5.内定、入社

晴れて内定を獲得できた場合は入社日を決定するのですが、入社日の調整などはリクルートエージェント側で調整してくれるようになっています。

年収に関しても企業側との交渉をしてくれますので希望を伝えるようにしましょう。

入社後もアフターフォローもしてくれますのでキャリアについての相談があれば乗ってくれるようになっています。

※円満退社についてのアドバイスもしてくれます。

最後に

転職エージェントの一連の「利用の流れ」は以上です。

転職エージェントにはこのサポート期間が決められています。リクルートエージェントの場合は登録から3カ月。それ以降は別のサービスをおすすめされます。

転職エージェントのキャリアアドバイザーの力量にも左右されるため、リクルートエージェントでは最初の面談後アンケートのメールが送られてきます。

自分に合ってないなと思った場合は素直にその旨を伝えた方がいいでしょう。転職エージェントのサポート期間が決められていますし、早期転職できない場合は、自分自身の人生にも影響が出てきます。

「3カ月で転職を成功させる」このつもりで転職活動をするようにしましょう!

関連ページ【リクルートエージェント】

      2017/03/12

 - 転職エージェント, 転職コラム