【体験談】40代の転職。緊張のあまり久しぶりの面接で若干失敗する!

 

第5話

ある42歳のおっさんの退職から転職までを描く転職実践記。

これは42歳のおっさんの転職活動の記録です。

『【第五話】40代のおっさん転職の面接で若干失敗をやらかした』

実際に面接を受けてきた

先日、面接を2件受けてきた。

1件目はリクナビNEXTのオープンオファーを受けて応募した不動産関連の会社。

2件目はJACリクルートメントで紹介してもらった人材ビジネスの会社。

本命は2件目のJACリクルートメントで紹介してもらった会社である。

うまいことにリクナビNEXTから応募した会社が本命の会社の1日前に面接だったため、練習のつもりでできたので良いリハーサルになった。

面接の質問は定番のものだったが

面接での自分に対しての質問は

  • なぜ当社に応募したか?
  • 転職回数が多いからか退職理由はなんなのか?

を2社ともに聞かれた。

自己PRなど自己紹介的なものを準備しておいたが結局使わなかった。

今回の面接では特に感じたのは自社に対する質問を聞くことで応募者の熱意を推し量るようにしていたのではないかと感じた。

当然、応募企業のことを事前に調べておかないと質問なんてできない。

しかも、漠然と年収や休みなどの待遇面での質問だけしかできないのであればそれはNG。不採用になるだろう。

リクナビNEXTから申し込んだ会社の情報が少なく、面接で何を聞こうか迷っていた。

物件の管理や居ぬき物件でお店を出す会社というのは面接の会社説明の中であったので、その場でわからないことを素直に聞くことにした。

面接を受けてきた感想

結果的に会社情報があまりない状態での面接はやはり準備不足だった。久しぶりに転職での面接を受けたが思いのほか緊張はしていなかった。

自分の会社に対しての質問自体ちょっと的の外れたものだったと思う。

面接の基本として元気に明るく、姿勢をよくし、見た目で悪く判断されないようにだけ心がけた。

準備ができてない時の面接は見た目重視。後は元気。第一印象を良くすることだけでも第一面接は通ることもある。

面接結果はまだ出ていない。

リクナビNEXTのメールから連絡来るのを待っている状態。

準備は全くできていなかったが感触は悪くない面接だったと思う。

本命の会社で若干失敗した

本命は翌日のJACリクルートメント紹介の会社だ。

これは企業の情報ももらっているし、転職アドバイザーからの面接のアドバイスももらっているのでそれをもとに面接準備をする。

企業研究からどのような質問が来るか再度確認。

ネクタイもこのために新調しクリーニングから戻ってきたばかりの一番のスーツを出し、しわが寄っていないか再確認。

面接が午後からだったので美容院で髪の毛をカットとセット。

靴も磨いて身だしなみはばっちりにしたつもり。

ここ一番の面接だったらここまでやってもよいと思う。

しかし面接は結果的にはちょっと失敗してしまったと思う。

理由は転職アドバイザーに聞いていた仕事内容を少し取り違えていたのでもっと何度も確認すればよかったと反省。

そのため準備していた質問が的外れになってしまったので、再度、会社と業務内容の説明を受けながら質問内容を考える。

無難にやり取りできたと思うが、このことが一番の失敗だったと思う。

志望動機や今までの成功体験、失敗談などは準備してあったのでうまく答えることができた。

全体的には好感触であったが、あくまでも自分のイメージ。結果待ちの状態。

JACリクルートメントから連絡をもらいどういった面接だったのか、と質問があったので答えておいたが、こういったことを繰り返して自分たちの情報の厚みを作っていっているのだろう。

今回の教訓

転職エージェントにはくどいくらい質問をした方が良い。

面接を受ける企業の業務内容、職務内容とも疑問をすべて解消できるくらいしっかりと聞いておいた方が良い。

面接のときに「あれ?違う」とならないようにすべきだ。

転職エージェントも転職できないと自分たちの売り上げにならない。

面倒くさがらずしっかり確認しておこう。

そのほうが転職エージェントも喜んで教えてくれるはずだ。

<<第四話に戻る

第六話へ続く>>

おすすめ転職サイト群

【最新】転職エージェント登録ランキング

当サイトから登録数の多い転職エージェント

これから転職活動するなら絶対に登録すべき転職サイト

もし転職の段取りが決まっていなかったり、迷っているなら絶対に登録すべき転職関連サイトをご紹介します。仕事が忙しくて転職活動をなかなか進められていない人にもおすすめですよ。

まずは超定番の転職サイトで求人情報を数多くチェックし、非公開求人の紹介を得るために転職エージェントを利用します。
また転職エージェントでは模擬面接や職務経歴書の添削をしてもらいます。

そして企業の口コミサイトで実際に働いている人からの情報を収集する方法が確実です。

もちろん登録は完全無料ですよ。

☆リクナビNEXT

求人業界最大手のリクルートが運営する超定番の転職サイト。求人数は圧倒的に多く、都市部から地方まで網羅しています。まず最初に登録すべきサイトです。

☆キャリコネ転職サービス

企業で働く社員の生の声を見ることができる口コミサイト。残業や給料や社風などを事前にチェックできます。もちろん求人サイトでもあるので登録して求人情報の閲覧も可能。

☆リクルートエージェント

求人業界最大手のリクルートが運営する転職エージェント。業界最大手ということもあり日本各地に拠点が有り地方在住でも使いやすい。また求人数も多く転職実績も業界最多。やはり業界最大手の強みがあります。

☆JACリクルートメント

外資系やエグゼクティブクラスの求人情報に強いイメージもあるが、地元企業なども求人案件もしっかり持っています。コンサルタントが企業に直接訪問しているため企業の文化や風土、事業戦略までも把握し、他では得られないリアルな情報をタイムリーに持っています。

是非試したい自己診断テスト

@typeの診断力テスト 1
@type:転職力診断テスト

無料!転職力診断テスト@type あなたの転職力はいったい何点なのか? IT・通 ...

グッドポイント診断 2
リクナビNEXT:グッドポイント診断

    自分の強みを見つける!5つの強みで転職を有利に 自分 ...

      2017/10/15

 - 40代の転職活動実践記