【第二話】40代のおっさん転職活動スタート。数で勝負をする

第二話

ある42歳のおっさんの退職から転職までを描く転職実践記。

これは42歳のおっさんの転職活動の記録です。

【第二話】40代のおっさん転職活動スタート。数で勝負をする

まず最初に行ったのは?

半年間、それらしい転職活動をしていなかったのだが、転職活動をスタートさせた。まず、最初に行ったのは転職求人サイトに登録することだった。

転職求人サイトの定番「リクナビNEXT」。以前にも転職活動をした際に利用したサイトであったが、しばらく放置していたのであらためて登録内容を修正するようにした。

リクナビNEXTには大きく分けて2つの機能がある。一つは求人の検索機能、もう一つは企業からスカウト機能だ。

しかし、今どこの転職求人サイトでもスカウト機能がある。特別リクナビNEXTだけのサービスではない。

スカウト機能のマッチングを良くしようとするとおのずと登録情報をしっかり入力しておく必要がある

どの転職求人サイトにも登録した度合や活用度で何パーセント利用していると表示があるのでどの転職求人サイトで100%に近くなるように登録を進めていった。

リクナビNEXTの求人の更新日は水曜と金曜日。特に更新日はしっかりチェックが必要。

転職求人サイトを見ていると気づくこと

転職求人サイトをよく見ているといつも求人を出している企業に気付く。大体は年収例が高額という共通点がある。

仕事がきついのが特徴だろう。よく言われるブラックな企業も含まれている可能性もある。

これは営業職に特に多いのだが、全員がもちろんもらえるわけではない。結果を出すことに仕事がきつくても頑張れる人向き。

若い世代は挑戦してもいいと思う。

後のない「おじさん世代」はよく考えないと仕事がきつくてすぐにやめた場合に次の仕事を見つけるのは難しくなる。

その点、若い世代はきつくてやめてもそれが経験となり、次の会社でも生かせるようになるだろう。若い世代は転職自体もしやすいのでやり直しもきく。

登録した全転職求人サイト

リクナビNEXT
DODA

キャリコネ転職サービス

@type
ピタジョブ

MIIDAS

メインで使っていたのは以前も使ったことのある定番のリクナビNEXTだったんだが、なぜこんなに多くの転職求人サイトに登録していたかというと

  • リクナビNEXTに掲載のない求人も漏らさないため
  • 応募する求人案件の件数を増やすため
  • meetaとMIIDASはオファーが来るのを待つ転職求人サイトにも登録し、スカウトを待って面接確約求人案件を獲得するため
関連ページ

求人サイト比較。求人サイトはそれぞれ特徴有り。どれを使う?

多くの転職求人サイトに登録すると

多くの転職求人サイトに登録するとスカウトメールが非常に多く来る。管理するのが難しいくらい。

でも、スカウトメールの求人はサイトによって異なるので多く登録する意味はあったように思う。

一つのサイトの登録をしっかりしておけば、そのほかのサイトはコピペでの入力も可能。40歳以上は面倒くさがらず多くのサイトに登録したほうが良い。

40歳以上の数多く応募が必要

40歳以上の転職ははっきり言って若い世代と比べ厳しい。本当に残念なほどに厳しい。

転職を考えているならなるべく早く動いた方がよい。悩んで悩んでいざ辞めるときに年齢がいっていると転職は本当に厳しくなる。

転職を勧めるわけではないが、職場に悩んでいるのなら早めに行動を起こした方がいいだろう。40代にもなって転職をしようとすると本当に苦労する。

40歳以上になると特別なスキルや経験がないと採用は難しいと感じた。なので書類選考の段階で落とされることが大多数。

書類選考に通るのが本当に難しい。そのために応募件数は数多く応募する必要がある。トータルで応募した件数は40件以上。そのうち面接までこぎつけたのは1件のみだった。

<<第一話に戻る

第三話に続く>>

オススメサイト群



【最新】転職エージェント登録ランキング
当サイトから実際に登録数の多い転職エージェントは ⇒こちらをチェック



これから就職活動するならオススメしたい転職サイト

もし転職の段取りが決まっていなかったり、迷っているならオススメしたい転職関連サイトをご紹介します。 仕事が忙しくて転職活動をなかなか進められていない人にもお勧めです。 まずは超定番の転職サイトで求人情報を数多くチェックし、転職エージェントを利用して、非公開求人の紹介を受け、模擬面接や職務経歴書の添削をしてもらい、企業の口コミサイトで実際に働いている人からの情報を収集する方法が確実です。 もちろん登録は完全無料ですよ。

☆リクナビNEXT

求人業界最大手のリクルートが運営する超定番の転職サイト。求人数は圧倒的に多く、都市部から地方まで網羅しています。まず最初に登録すべきサイトです。

登録はこちらリクナビNEXT

☆キャリコネ転職サービス

企業で働く社員の生の声を見ることができる口コミサイト。残業や給料や社風などを事前にチェックできます。もちろん求人サイトでもあるので登録して求人情報の閲覧も可能。

登録はこちら10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス

☆リクルートエージェント

求人業界最大手のリクルートが運営する転職エージェント。業界最大手ということもあり日本各地に拠点が有り地方在住でも使いやすい。また求人数も多く転職実績も業界最多。やはり業界最大手の強みがあります。

登録はこちらリクルートエージェント

☆JACリクルートメント

外資系やエグゼクティブクラスの求人情報に強いイメージもあるが、地元企業なども求人案件もしっかり持っています。コンサルタントが企業に直接訪問しているため企業の文化や風土、事業戦略までも把握し、他では得られないリアルな情報をタイムリーに持っています。

登録はこちらJAC Recruitment

      2017/03/08

 - 40代の転職活動実践記