40代のおっさんの転職先で穏便に働くための仕事術・観察編

転職活動実践記第18話

ある42歳のおっさんの退職から転職までを描く転職実践記。

これは42歳のおっさんの転職活動の記録です。

『40代のおっさんの転職先で穏便に働くための仕事術・観察編』

社内の人間関係を観察する

転職したてでは社内の人間関係はわからない。当たり前だが既存社員について何も知らずに入社する。社内で知っている人といえば面接に立ち会った面接官くらいなものだ。

だからこそ、社内の人間関係を把握するために入社後1カ月は社内の様子をしっかり観察したほうが良い。1カ月は実際にはいらないかもしれない。2週間で把握できるかもしれない。できる限り短期間に把握できるようにしたい。

後ろ向きな人や派閥があるかも?

会社組織の中ですべての人間が前向きにしっかりと仕事をしているわけでは絶対にない。中には暗く後ろ向きで会社に反抗的な意識を持った人が必ずいる。

また、社内には派閥があるかもしれない。派閥は会社にとって良いものではないが、人が集まるとおのずとこういったグループができやすい。派閥に入ることは良くない。できれば中立の立ち位置が良いのだが、そうはいかないかもしれない。そうなってしまった場合、どのような立ち位置で仕事をすべきか見極めが必要だ。

また、社内の人間が新しく来た転職者に好意を持っているとは限らない。特に年齢が高く、入社直後は役職が低くても、近い将来昇進することが決まっているような場合だと、自分の役職としての仕事を取られてしまうという危機感を持っている人がいるかもしれない。

チャンスとなる絶好の機会

そんな後ろ向きな社員がいることはある意味チャンスだ。自分の存在価値を会社に見せるための絶好の存在だ。

しかし、年齢が高く、会社に変革を起こすために期待されて入社したとしても一人の力で組織の文化を変えていくことはかなり難しい。

必ず、味方が必要だ。小さな組織でだろうと大きな組織だろうと自分に賛同してれる社員を増やしていかないことには変化しない。

社内のキーマンを探せ

社内の人間関係をよく観察していくと、組織の中でのキーマンが見えてくる。自分の味方を増やし、キーマンを味方にしていくと組織の変革ができるようになる。

自分の仕事をしやすくするためには自分に合うように組織を変化させていく必要がある。もしくは、いままの業務をよりよくするために改善するためにも協力者が必要だ。

自分の味方を増やし、キーマンの協力と理解を得て進めていくと間違いなくうまくいく。誰に相談すべきか、だれが協力者になってくれるのか、社内の人間関係をしっかり観察したうえで行動に移しても決して遅くはない。

<<第17話に戻る

オススメサイト群



【最新】転職エージェント登録ランキング
当サイトから実際に登録数の多い転職エージェントは ⇒こちらをチェック



これから就職活動するならオススメしたい転職サイト

もし転職の段取りが決まっていなかったり、迷っているならオススメしたい転職関連サイトをご紹介します。 仕事が忙しくて転職活動をなかなか進められていない人にもお勧めです。 まずは超定番の転職サイトで求人情報を数多くチェックし、転職エージェントを利用して、非公開求人の紹介を受け、模擬面接や職務経歴書の添削をしてもらい、企業の口コミサイトで実際に働いている人からの情報を収集する方法が確実です。 もちろん登録は完全無料ですよ。

☆リクナビNEXT

求人業界最大手のリクルートが運営する超定番の転職サイト。求人数は圧倒的に多く、都市部から地方まで網羅しています。まず最初に登録すべきサイトです。

登録はこちらリクナビNEXT

☆キャリコネ転職サービス

企業で働く社員の生の声を見ることができる口コミサイト。残業や給料や社風などを事前にチェックできます。もちろん求人サイトでもあるので登録して求人情報の閲覧も可能。

登録はこちら10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス

☆リクルートエージェント

求人業界最大手のリクルートが運営する転職エージェント。業界最大手ということもあり日本各地に拠点が有り地方在住でも使いやすい。また求人数も多く転職実績も業界最多。やはり業界最大手の強みがあります。

登録はこちらリクルートエージェント

☆JACリクルートメント

外資系やエグゼクティブクラスの求人情報に強いイメージもあるが、地元企業なども求人案件もしっかり持っています。コンサルタントが企業に直接訪問しているため企業の文化や風土、事業戦略までも把握し、他では得られないリアルな情報をタイムリーに持っています。

登録はこちらJAC Recruitment

   

 - 40代の転職活動実践記