【第14話】40代のおっさん、面接後即最終面接の予定が組まれる

転職活動実践記第14話

ある42歳のおっさんの退職から転職までを描く転職実践記。

これは42歳のおっさんの転職活動の記録です。

『【第14話】40代のおっさん、面接後即最終面接の予定が組まれる』

会社説明会に参加

本日も転職活動だ。今回は車関係の会社の説明会および一次試験として筆記試験、面接に参加してきた。

実際に参加してみると、参加人数は就活中の女性と自分のみ。こんなに少ないのかとびっくりした。平日だから少ないのだろうか?

それにしても少ない。こちらがこんなに少ないのにもかかわらず開催してくれたのかと恐縮してしまう。

会社説明を二人で聞く

まずは、会社説明ということでビデオでの紹介と面接官が簡単に会社のことを説明してくれた。

その後、お約束の質問タイム。しかし、2名しか参加者がいないので自分が就活生のお手本を見せるつもりで積極的に質問した。

しかし、就活生は結局質問をしなかった。まだエントリーするかを考えているようだった。エントリーなんてとりあえずバンバンしておけばいいのにと思った、42歳のおっさんである。

筆記試験のできなさ具合に震える

就活生は企業側から用意されたアンケート用紙を記入して本日は終了だ。しかし、自分はこれから筆記試験が用意されていたので筆記試験に臨んだ。

筆記試験は中学生レベルの簡単な問題だがこの年になって改めてやると自分のできなさ具合にびっくりする。

転職では大体が、適性検査。これはどの企業でもたいてい行う。転職するなら対策はしておいたほうがいい。

自分は筆記試験に関して全くおろそかにしていた。就活のように試験を課すところは少ないからだ。だからと言って準備しなくていい訳ではない。やっておくべきだった。

 

内定もらっていることが良い方に向く

今回の筆記試験はおまけのようなものと感じた。最低限できればいいということを面接官は言っていた。全部をうのみにするわけではないがちょっと安心した。

安心した理由はもう一つある。一次面接が通ったからだ。今度は社長と担当部署の責任者同席での最終面接ということだ。

この最終面接がすぐに組まれた要因がある。それは、他社で内定をもらっているという事実だ。

他社で内定をもらっているということは他社で高く評価されたということになる。しかも、内定をもらってはいるが御社が第一希望の会社ということと、返答するのに期日が迫っているということを伝えたら、採用したい方向で考えているので、急遽、その場で明日の最終面接の予定を組んでくれた。

内定をもらったことを堂々と伝える

内定をもらっていることは堂々と伝えればいい。他社でも高く評価してもらったという実績につながる。

面接時間でその人のすべてを判断するということは難しい。面接官も他社でも内定をもらったということで自分の考えを補完することができる。

転職希望者が若干有利に立てるのは、選択できるということだ。すでに内定をもらっているところに行くのか、それともいま面接をしてもらっている会社に行くのか。

入社意欲のないものを面接などに時間を取られたくないというのが面接官の本音だろう。

だからこそ、内定をもらっている企業ではなく御社に入社したいということを伝えると今回のようにうまくいく可能性が高くなる。

「御社で働きたいと思っていますので、内定をもらっているところに決めずに、この面接を受けに来ています。」と堂々と伝えればいい。

志望意欲が高いと受け取れるフレーズでもある。

転職活動も終わりに近づいている

内定をもらっている企業より今回の応募企業のほうが待遇がいいので自分としては間違いなくこちらの企業が本命。

落ちても面接即採用の会社に行くので今回の転職活動は終了直前だ。

しっかりと転職活動を初めて3カ月。長かったような気がするが、40歳を超えていることを考えれば上出来ではないだろうか?

厳しいことには違いないが40代でも転職は可能ということだ。

<<第13話に戻る

第15話へ続く>>

おすすめ転職サイト群


【最新】転職エージェント登録ランキング

当サイトから実際に登録数の多い転職エージェントは⇒こちらをチェック

これから転職活動するなら絶対に登録すべき転職サイト

もし転職の段取りが決まっていなかったり、迷っているなら絶対に登録すべき転職関連サイトをご紹介します。仕事が忙しくて転職活動をなかなか進められていない人にもおすすめですよ。

まずは超定番の転職サイトで求人情報を数多くチェックし、非公開求人の紹介を得るために転職エージェントを利用します。
また転職エージェントでは模擬面接や職務経歴書の添削をしてもらいます。

そして企業の口コミサイトで実際に働いている人からの情報を収集する方法が確実です。

もちろん登録は完全無料ですよ。

☆リクナビNEXT

求人業界最大手のリクルートが運営する超定番の転職サイト。求人数は圧倒的に多く、都市部から地方まで網羅しています。まず最初に登録すべきサイトです。

登録はこちらリクナビNEXT

☆キャリコネ転職サービス

企業で働く社員の生の声を見ることができる口コミサイト。残業や給料や社風などを事前にチェックできます。もちろん求人サイトでもあるので登録して求人情報の閲覧も可能。

登録はこちら10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス

☆リクルートエージェント

求人業界最大手のリクルートが運営する転職エージェント。業界最大手ということもあり日本各地に拠点が有り地方在住でも使いやすい。また求人数も多く転職実績も業界最多。やはり業界最大手の強みがあります。

登録はこちらリクルートエージェント

☆JACリクルートメント

外資系やエグゼクティブクラスの求人情報に強いイメージもあるが、地元企業なども求人案件もしっかり持っています。コンサルタントが企業に直接訪問しているため企業の文化や風土、事業戦略までも把握し、他では得られないリアルな情報をタイムリーに持っています。

登録はこちらJAC Recruitment

是非試したい自己診断テスト

@typeの診断力テスト 1
@type:転職力診断テスト

無料!転職力診断テスト@type あなたの転職力はいったい何点なのか? IT・通 ...

グッドポイント診断 2
リクナビNEXT:グッドポイント診断

    自分の強みを見つける!5つの強みで転職を有利に 自分 ...

      2017/09/08

 - 40代の転職活動実践記