【第十話】40代のおっさん、GWなのに求人案件の紹介を受ける

第十話

ある42歳のおっさんの退職から転職までを描く転職実践記。

これは42歳のおっさんの転職活動の記録です。

『【第十話】40代のおっさん、GWなのに求人案件の紹介を受ける』

ゴールデンウィークの転職活動

世の中はゴールデンウィーク真っ只中だ。

しかし、『転職活動をするものはゴールデンウィークなんてない!転職活動をするんだ!』と意気込んでも、大体の会社はゴールデンウィークに採用活動なんていうものはほとんどしない。

リクナビNEXTで求人の応募しても、応募先からの返信は当然ない。ゴールデンウィークに営業している会社は忙しいだろうし、休みの会社はそのまま休みなので応募しても返信がないのだ。

求職者からしてみれば、「ゴールデンウィークなんてない!休んでられるか!」といっても肝心の企業に動きがなければどうしようもない。

JACリクルートメントから新求人案件が届く

そんな中、いまメインで使っている転職エージェントの『JACリクルートメント』から新しい求人案件の紹介があった。ゴールデンウィークの間の平日にJACリクルートメントからのメールで新しい求人案件の紹介だ。

もちろん、応募をお願いする返信を速攻で返した。

JACリクルートメントは十分大手の転職エージェントではあるが、リクルートエージェントやDODAと比べると日本国内においてまだまだ規模な小さな転職エージェントではある。
もともとイギリスで誕生したらしいのだが、国内においては業界第3位。

JACリクルートメントは会社に訪問して求人案件を取ってくる営業マンと転職を支援するエージェント業務を同じスタッフで行っている。業界では両面というらしいのだが、この場合、やはり求人案件を取ってくる数は少ないが、転職希望者の面談もするので求人のマッチングもいいと思う。

取ってくる少ない求人を転職希望者に対して転職を成功に導くことに一番長けている転職エージェントではないかと個人的に思う。しかもゴールデンウィーク中に新しい求人案件を紹介してくることには感動した。

JACリクルートメントが一番オススメ

転職エージェントの中で個人的に一番のおすすめの転職エージェントだ!実際にオリコンの総合人材紹介会社の顧客満足度ランキングのNo.1にもなっている。JACリクルートメントで行われたアンケートでは98.5%が友人知人を紹介したいと答えていたそうだが、私も転職するなら一番お勧めしたい転職エージェントだ。

持っている求人は管理職の非公開求人が大半だ。実際に紹介された求人もリクナビNEXTやほかの転職求人サイトには掲載されていなかった。

エージェントの方もかなり一生懸命動いてくれる。ぶっちゃけ話もしてくれるので非常に信用が置けると思う。いいことだけではなく、悪いところも話してくれるので話の信用度も高くなる。

JACリクルートメント内部的な話にはなるが、エージェントは業界や職種によってチームを組んでいるらしい。一人のエージェントだけでなく、担当の違うエージェントにもフォローされることになる。現に私は4人のエージェントに求人を紹介してもらっている。

相性の問題もあるので絶対とは言えないが、私が使ってきた転職エージェントの中で一番対応が良いと思う。

転職活動をしていてJACリクルートメントを使っていないようだったら使ってみてもらいたい。転職エージェントなので転職希望者から料金の請求があるわけではない。

40代でも紹介してもらえる求人案件はあると思う。

JACリクルートメントのデメリットもあるが…

リクルートエージェントやDODAと比べると拠点数が少ない。全国対応するといっても、実質関東、東海、関西のみだ。拠点が少ないことが一番のデメリットだろう。

それ以外にはデメリットは思いつかなかった。

拠点に近い転職希望者は大手の転職エージェントだけでなく、JACリクルートメントにも登録することをお勧めする。

公式サイト

JAC Recruitment

<<第九話に戻る

第11話へ続く>>

      2017/02/06

 - 40代の転職活動実践記