最近よく聞く『嫁ブロック』それで転職あきらめますか?

嫁ブロック

最近よく聞く『嫁ブロック』という言葉。

転職を奥さんに反対され、内定をもらっていても転職を辞退することです。その『嫁ブロック』について考えてみたい見たいと思います。

嫁ブロックとは?

『嫁ブロック』と呼ばれるものは転職を奥さんに反対され、内定をもらっていても転職を辞退することです。

SMAPの解散問題で木村拓哉さんが工藤静香にジャニーズを辞めることに反対したことでも言葉が有名になりましたね。

旦那さんが考える転職に対して、転職する本人より奥さんのほうがシビアに考えているからこそ起こることでしょう。

エン転職が『嫁ブロックの調査結果』を発表

エン転職が『ミドルの転職』でユーザーにアンケートを取り、そのアンケート結果を発表しました。

「嫁ブロック」をされた経験はありますか?

実際に40代がブロックされる割合が高く30%にもなります。30代、50代では16%、19%と40代より低めになっています。

(嫁ブロックをされた経験がある方)その理由を教えて下さい。

嫁ブロックの理由としては年収が下がるということが一番。

そのほかの理由としても有休の取得率が低い、年間休日日数が少ないと待遇に対しての理由が上位に来ていますが、転職先の企業や業界にあまり良いうわさを聞かないからというのも上位に来ています。

待遇が悪くなれば、当然反対もしますし、噂にも敏感です。人生を共にしている伴侶ですから、旦那さんの稼ぎが悪くなってほしくないというのがアンケート結果に出ていますね。

(嫁ブロックをうけたことがある方)嫁ブロックを理由に内定を辞退したことはありますか?

そして嫁ブロックを受けたら、40%以上の方が嫁ブロックを理由に内定を辞退するという結果になっています。

確かに待遇が悪い条件での転職はしないほうがマシだと思います。しかし既婚者にとってはやはり家族の理解を得られない転職はうまくいかないというのがはっきりします。

本当に転職したかったのか?

(嫁ブロックをうけたことがある方)内定先を反対されて辞退したことをどう思われますか。

嫁ブロックを受けて内定辞退をしたことをどう思うか?という質問に30代は100%「辞退してよかったと思う」と回答。

40代、50代でも60%近く辞退してよかったと回答しているので、嫁ブロックというよりもともと転職を積極的にしようと感じない結果になっています。

この結果を見ると本気で転職をしていなかったのではないかというように感じます。

嫁ブロックの回避方法は?

配偶者(パートナー)に転職を反対されないために、普段から心がけていることはありますか?※複数回答可

転職は条件が良くても嫁ブロックは発動するかもしれません。では、どのように嫁ブロックを回避するのか?

転職について事前に相談することが重要です。また、相談せずに転職活動をすると奥さんのサポートも受けることができません。

転職活動は心も体も疲れます。30代、40代の家庭では子育ての真っ最中だと思います。在職中に転職活動をしているなら、休日に転職活動をしているはずです。

休日は転職活動だけしておきたいところが子供の面倒も見てくれなんて頼まれると本当に疲れます。

奥さんが転職に肯定的で協力をしてくれないのであれば、こういったことも起こりえます。こんな感じでは転職がうまくいくかどうか怪しいのではないでしょうか?

育児をする奥さんの負担は大きい

子持ち、特に小さい子供がいる家庭では家事や育児を分担してほしいというのが奥さんの本音ではないでしょうか?

それだけ育児は非常に負担が大きいのです。

仕事を辞めてから転職活動をすれば家にいることも多くなり、育児を手伝うことも可能ですが、在職中に転職活動をしようとすると休日に準備や面接などもあるので、育児を積極的に手伝うことが難しくなります。

その時に奥さんにある程度、任せておかないと自分の転職活動がうまく進められないということになってしまいます。

ですので、たまには託児所に預ける提案をするなど奥さんの負担の軽減を図ってあげるように気を付けたほうが、絶対にうまくいきます。認可外の託児所の一時保育はだいたい1時間1000円程度。

ベビーシッターを呼んであげるものいいでしょう。

一時保育などを利用して奥さんの負担を減らしておいたほうが無難です。

まとめ

転職をすると決め、その決意が固いのなら、内定もらって嫁ブロックで転職をあきらめるようであるなら、転職自体しっかりと考えていない証拠です。

時間的にも金銭的にも嫁ブロックであきらめるような転職であるなら最初から転職活動をしないほうがましではないでしょうか?

転職には奥さんの理解が必ず必要です。そのためにも転職を考えているなら早めに相談をしておいたほうがいいでしょう。

オススメサイト群



【最新】転職エージェント登録ランキング
当サイトから実際に登録数の多い転職エージェントは ⇒こちらをチェック



これから就職活動するならオススメしたい転職サイト

もし転職の段取りが決まっていなかったり、迷っているならオススメしたい転職関連サイトをご紹介します。 仕事が忙しくて転職活動をなかなか進められていない人にもお勧めです。 まずは超定番の転職サイトで求人情報を数多くチェックし、転職エージェントを利用して、非公開求人の紹介を受け、模擬面接や職務経歴書の添削をしてもらい、企業の口コミサイトで実際に働いている人からの情報を収集する方法が確実です。 もちろん登録は完全無料ですよ。

☆リクナビNEXT

求人業界最大手のリクルートが運営する超定番の転職サイト。求人数は圧倒的に多く、都市部から地方まで網羅しています。まず最初に登録すべきサイトです。

登録はこちらリクナビNEXT

☆キャリコネ転職サービス

企業で働く社員の生の声を見ることができる口コミサイト。残業や給料や社風などを事前にチェックできます。もちろん求人サイトでもあるので登録して求人情報の閲覧も可能。

登録はこちら10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス

☆リクルートエージェント

求人業界最大手のリクルートが運営する転職エージェント。業界最大手ということもあり日本各地に拠点が有り地方在住でも使いやすい。また求人数も多く転職実績も業界最多。やはり業界最大手の強みがあります。

登録はこちらリクルートエージェント

☆JACリクルートメント

外資系やエグゼクティブクラスの求人情報に強いイメージもあるが、地元企業なども求人案件もしっかり持っています。コンサルタントが企業に直接訪問しているため企業の文化や風土、事業戦略までも把握し、他では得られないリアルな情報をタイムリーに持っています。

登録はこちらJAC Recruitment

   

 - 転職活動