あなたは転職先をどこで見つけるか?求人媒体比較をしてみます

求人はどこで探すか

転職先を見つける方法は一つではありません。

筆者は求人サイトと転職エージェントを併用していくことを推奨していますが、それ以外にも求人情報を得る場所があります。

求人情報を得る手段として

  • 求人サイト
  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • 新聞・地域誌・フリーペーパー
  • 企業のオフィシャルサイト

などが代表的でしょう。それぞれの特徴を解説します。

どの方法で求人を探すにしても、自分の希望する求人が見つかった場合はすぐに応募したほうが良いでしょう。人気のある企業などはすぐに募集人員がいっぱいになってしまう可能性があります。

求人サイト

求人サイトの特徴

求人サイトは各社それぞれ特徴があり、さまざまなサービスを行っています。

基本的には求人を自分で探していきます。登録者企業が送るスカウトメールを送り企業側からアプローチするサービスがあり求人を探す手助けをしてくれます。転職に関する情報やノウハウの提供するページもあり転職のテクニックを学ぶこともできます。

企業の求人情報が掲載され、キャリアシートを作成し企業へ応募することになります。

代表的な求人サイトにリクナビNEXTがあります。

関連ページ 求人サイト比較

求人サイトの長所

求人数が多く、すべての求人に応募することは可能です。

求人サイトの短所

転職に関する直接的なサポートがなく、面接などの日程などの調整はすべて自分で行うことになります。

転職エージェント

転職エージェントの特徴

転職エージェントは多くの場合、公開されている求人だけでなく、非公開求人をもっています。専属のキャリアアドバイザーが転職者のサポートをしてくれるのが特徴です。

代表的な転職エージェントにリクルートエージェントがあります。

関連ページ 転職エージェントとは?

転職エージェントの長所

長所としては転職に関するサポートを行ってくれるため面接の日程の調整や職務経歴書の添削などをしてくれます。

また、転職者のキャリアに合わせ企業を紹介してくれるため、自分で探す手間も省くこともできます。しかもすべてのサービスを無料で受けることができます。

転職エージェントの短所

サービスを受ける期間が決まっており、長期間、サービスを受けることができません。

今までのキャリアから案内する求人がないと断られる可能性があります。すべての求人のに応募できるわけではありません。

関連ページ 転職エージェントのメリット、デメリットとは?

ハローワーク

ハローワークの特徴

ハローワークは厚生労働省が管轄する職業紹介所です。退職した場合は必ずお世話になるところです。各都道府県に事務所があり、ネットからも求人を検索することが可能です。

ハローワークの長所

圧倒的な求人数を抱えています。民間の求人サイトと比較しても圧倒的な求人数です。

各都道府県に事務所があり、利用しやすいのが特徴です。しかも無料でサービスを受けることができます。

ハローワークの短所

条件の良い求人が少ないことが挙げられます。また企業情報や募集概要などの情報が少なく最低限の情報しか掲載されていません。

新聞・地域誌・フリーペーパー

新聞・地域誌・フリーペーパーの特徴

新聞や地域誌、フリーペーパーにも求人が載っている場合があります。

新聞には大手企業の求人が載っている場合があり、多くは企業のサイトと連動していることが多い。地域誌やフリーペーパーは地元企業の求人が載っている場合が多くなっています。

新聞・地域誌・フリーペーパーの長所

求人サイトと比べるとライバルが少ない可能性があります。

特に地域誌やフリーペーパーではその傾向は顕著です。

新聞・地域誌・フリーペーパーの短所

求人の掲載数が少ないことと紙面の関係上、企業の情報などが少ないことです。

企業のオフィシャルサイト

企業のオフィシャルサイトの特徴

意外と企業のオフィシャルサイトにも求人情報が載っている場合があります。多くは大手求人サイトにも掲載されていることがありますが、中にはオフィシャルサイトにしか求人を載せていないということもあります。

企業のオフィシャルサイトの長所

求人サイトと比べ、ライバルが少ないということがあります。

企業のオフィシャルサイトの短所

募集している求人数が少ないことがあるということと複数の企業の求人を探すことに手間がかかるということです。

まとめ

どの媒体にしても、希望に合致する求人が見つかったらすぐに応募すべきです。求人情報はタイミングです。

そのタイミングを逃すと次はいつチャンスが来るかわかりません。希望する求人情報にはエントリーは早く行っていきましょう。

おすすめ転職サイト群

【最新】転職エージェント登録ランキング

当サイトから登録数の多い転職エージェント

これから転職活動するなら絶対に登録すべき転職サイト

もし転職の段取りが決まっていなかったり、迷っているなら絶対に登録すべき転職関連サイトをご紹介します。仕事が忙しくて転職活動をなかなか進められていない人にもおすすめですよ。

まずは超定番の転職サイトで求人情報を数多くチェックし、非公開求人の紹介を得るために転職エージェントを利用します。
また転職エージェントでは模擬面接や職務経歴書の添削をしてもらいます。

そして企業の口コミサイトで実際に働いている人からの情報を収集する方法が確実です。

もちろん登録は完全無料ですよ。

☆リクナビNEXT

求人業界最大手のリクルートが運営する超定番の転職サイト。求人数は圧倒的に多く、都市部から地方まで網羅しています。まず最初に登録すべきサイトです。

☆キャリコネ転職サービス

企業で働く社員の生の声を見ることができる口コミサイト。残業や給料や社風などを事前にチェックできます。もちろん求人サイトでもあるので登録して求人情報の閲覧も可能。

☆リクルートエージェント

求人業界最大手のリクルートが運営する転職エージェント。業界最大手ということもあり日本各地に拠点が有り地方在住でも使いやすい。また求人数も多く転職実績も業界最多。やはり業界最大手の強みがあります。

☆JACリクルートメント

外資系やエグゼクティブクラスの求人情報に強いイメージもあるが、地元企業なども求人案件もしっかり持っています。コンサルタントが企業に直接訪問しているため企業の文化や風土、事業戦略までも把握し、他では得られないリアルな情報をタイムリーに持っています。

是非試したい自己診断テスト

@typeの診断力テスト 1
@type:転職力診断テスト

無料!転職力診断テスト@type あなたの転職力はいったい何点なのか? IT・通 ...

グッドポイント診断 2
リクナビNEXT:グッドポイント診断

    自分の強みを見つける!5つの強みで転職を有利に 自分 ...

      2017/07/13

 - 転職エージェント, 転職コラム, 転職サイト, 転職活動