内定を決めるのは雇用条件をしっかり確認しておくことが重要

雇用条件を確認しよう

転職活動を行っていく中で一番うれしいことが内定をもらえることでしょう。

うれしいさのあまり雇用条件をしっかり確認せずに内定を受諾してしまうことは避けておきたいものです。

内定を決めるのは雇用条件を確認してから

雇用条件をしっかり確認しておくことが、入社後のトラブルを防ぐことにつながります。正社員雇用のつもりが契約社員だったということだったら目も当てられないことになるでしょう。

会社への不信感で気持ちよく働くことができず、また転職活動をする羽目になるかもしれません。

就業場所、従事する業務、賃金等は採用時に書面で明示するよう労働基準法で定められていますので確認する必要があります。

「まったく提示しない」「入社後にならないと提示しない」などありえません。

そのような会社はブラック企業確定だと思いますので入社をするのはやめておいた方が無難です。

採用時に書面で明示する義務のある項目

雇用契約は採用時に書面で明示するように労働基準法で定められています。

法律で明示することを義務付けられている項目は

  • 雇用契約の期間
  • 就業場所、従事する業務
  • 始業および終業の時刻、残業の有無、休憩時間、休日、休暇、就業時転換に関する事項
  • 賃金の決定、計算および支払いの方法、締切日、支払日
  • 退職に関する事項

雇用条件のチェック項目

入社日

いつから入社なのかチェックしておきましょう。また在職中の方はその日に入社できるかを再度確認すべきでしょう。

入社日当日に体調が悪いというのは避けたいもの。体調管理に気を付けましょう。

勤務地、所属部署

自分の希望とあっているか確認。店舗などが複数ある場合は自宅からの距離をチェックしておきましょう。

給与、時間外手当など

募集時や面接での説明と違いがないか確認。転職エージェント経由でないと給与などの待遇面の交渉は難しいでしょう。

また、給与締日と支給日は確認しておきましょう。

交通費などの給与以外の支給

意外と交通費は会社によって支給範囲が変わっています。全額か、一部支給なのか確認しておきましょう。また家族手当、住宅手当など説明と違いがないか確認が必要です。

勤務形態や休日など

週休2日などの休日が面接や募集内容と相違ないか確認。フレックスタイムなどがある場合はコアタイムの確認も必要。

試用期間

試用期間中の雇用形態をしっかり確認しておきましょう。意外と正社員ではなく契約社員という場合もあります。

勤務時間

出社時間や休憩時間、退勤時間を確認。時間外勤務があるかどうか、おおよその時間数を確認しておいた方がいいでしょう。

社会保険など

社会保険がしっかりあるかどうか。また試用期間は社会保険には入れないという会社もあったりします。

契約期間

派遣社員や契約社員などは契約期間の確認は必須です。

まとめ

雇用条件の確認は必須です。転職活動がなかなかうまくいかなかった場合に、内定をもらっただけで確認をおろそかにしてしまうと、入社後にこんなはずではなかったということになりかねません。

しっかり確認しておきましょう。

おすすめ転職サイト群

【最新】転職エージェント登録ランキング

当サイトから登録数の多い転職エージェント

これから転職活動するなら絶対に登録すべき転職サイト

もし転職の段取りが決まっていなかったり、迷っているなら絶対に登録すべき転職関連サイトをご紹介します。仕事が忙しくて転職活動をなかなか進められていない人にもおすすめですよ。

まずは超定番の転職サイトで求人情報を数多くチェックし、非公開求人の紹介を得るために転職エージェントを利用します。
また転職エージェントでは模擬面接や職務経歴書の添削をしてもらいます。

そして企業の口コミサイトで実際に働いている人からの情報を収集する方法が確実です。

もちろん登録は完全無料ですよ。

☆リクナビNEXT

求人業界最大手のリクルートが運営する超定番の転職サイト。求人数は圧倒的に多く、都市部から地方まで網羅しています。まず最初に登録すべきサイトです。

☆キャリコネ転職サービス

企業で働く社員の生の声を見ることができる口コミサイト。残業や給料や社風などを事前にチェックできます。もちろん求人サイトでもあるので登録して求人情報の閲覧も可能。

☆リクルートエージェント

求人業界最大手のリクルートが運営する転職エージェント。業界最大手ということもあり日本各地に拠点が有り地方在住でも使いやすい。また求人数も多く転職実績も業界最多。やはり業界最大手の強みがあります。

☆JACリクルートメント

外資系やエグゼクティブクラスの求人情報に強いイメージもあるが、地元企業なども求人案件もしっかり持っています。コンサルタントが企業に直接訪問しているため企業の文化や風土、事業戦略までも把握し、他では得られないリアルな情報をタイムリーに持っています。

是非試したい自己診断テスト

@typeの診断力テスト 1
@type:転職力診断テスト

無料!転職力診断テスト@type あなたの転職力はいったい何点なのか? IT・通 ...

グッドポイント診断 2
リクナビNEXT:グッドポイント診断

    自分の強みを見つける!5つの強みで転職を有利に 自分 ...

   

 - 転職活動