37歳で転職。家族もいるので転職するかを迷っているあなたへ

右か左か

転職することは誰しもが初心者で経験が少ないからこそ転職に迷う気持ちはあるでしょう。

いまの転職市場は年々伸びてきています。

37歳でも転職は難しくありません。

転職に年齢は関係ない

転職に年齢は関係ありません。37歳だろうと40歳だろうと転職はできます

さすがに60歳での転職はそれ相当のキャリアがない限り難しいですが、転職は30代での転職は十分に可能です。しかし転職慣れした人はそうそういません。

誰しもが転職初心者です。経験がなく初心者だけに転職は難しいものと考えてしまいがちです。

年齢が高くなると転職は難しいというが?

35歳を超えると転職するのは現実的に難しくなるといわれています。また30代後半の転職にまつわる言葉で転職「35歳限界説」という言葉があります

これは「転職の限界は35歳まで。35歳を超えると転職はできないよ。」というものです。

この言葉ができた背景には以前の求人募集は35歳までの求人ばかりで、35歳を超えると年齢制限により求人が激減してしまう状況でした。

しかし2007年に「求人時の年齢制限を原則禁止」とする改正雇用対策法が施行されると年齢に関わりなく均等な機会を与えなければならないこととされ、年齢だけを理由に求人をしないということが原則禁止されました。

厚生労働省:募集・採用における年齢制限禁止について

この求人に関しての取り決めにより企業側は年齢だけを理由に採用しないということはできません。

転職は身近なものになった

そしてこの状況はデータにも表れています。

DODAから発表されたデータに転職を成功させた平均年齢は年々上昇しています。

転職者の平均年齢のグラフ

DODAオフィシャルサイト ホンネの転職白書より

 

また、転職成功者の人数も2012年下半期を1とした場合の伸び率は35~39歳までで「伸長率196%、40歳以上では420%の伸びを記録しています。

間違いなく35歳以上の転職成功者が増えているのです。

転職成功者の人数の伸長率

DODAオフィシャルサイト ホンネの転職白書より

なぜ35歳以上の転職成功者が増えたのか?

この転職成功の平均年齢の上昇には理由があります。いままで企業側として採用するのは第二新卒といわれる若い世代を中心に採用するような流れがありました。

新卒で採用しきれなかった若い世代を第二新卒でも取り込み、企業側で教育して戦力に育てるのが中心でした。この流れが変わってきたと考えられます。

35歳以上といえば会社では中堅以上のポジションについていると思われます。経験があり、管理職として若手を育てる立場にある年齢の転職希望者を企業側が積極的に採用するようになってきたからです。

企業側で教育するのではなく、即戦力を採用するようにシフトしてきており、スキルや経験を重視して企業は採用するようになっています。

しかし年齢が高いことによってマイナスも

年齢が高いことによるネガティブなイメージは確かにあります。

これは入社してから「年齢が高い転職者では新しい環境になじめない」や、「実際には使えない」のではと思う企業もあります。

それをふっしょくさせるように職務経歴書を作成する必要がありますし、面接でもそんなことはないとアピールが必要です。

し不採用になった場合は年齢ではなくアピールが足りなかったと考え、転職活動を取り組む必要があります。

正しい転職活動で転職は成功する!

37歳の転職は十分にできます。できるはずです。

後は37歳の転職希望者が正しい転職活動をするだけです。この正しい転職活動をするには転職エージェントに登録することがまずは第一歩です。

関連ページ転職エージェント利用の流れ

まだ現職を退職する必要はありません。退職してから転職活動をするのは金銭的に大きな負担を強いられます。

また転職をするための決断が必要です。転職しようと意識しておかないと転職活動はうまくいきませんし、中途半端な気持ちでは現職にも影響が出てしまう可能性があります。

転職活動を行い、希望する企業が見つかり内定をもらってからでも遅くはありません。次が決まってから転職したほうが給与の切れ目がないようにできます。

また、転職する際は必ず家族の方と転職について相談しましょう。転職先が決まってから家族に反対されてしまうと転職できないという事態も想定されます。必ず家族の理解を得るようにしましょう。

まとめ

37歳でも十分に転職は可能です。しかし、転職する気持ちの整理はしっかり行い、迷っているなら転職はしない方がいいでしょう。迷った気持ちのままでは必ず転職は失敗します。

気持ちが固まったら転職エージェントと求人サイトに登録しましょう。

あなたの転職が成功することを願っています。

関連ページ総合型転職エージェント

特化型転職エージェント

オススメ求人サイト2選

■リクナビNEXT

リクナビNEXT

■キャリコネ転職サービス

最大50万円の転職祝い金がもらえる。キャリコネ転職サービス

おすすめ転職サイト群


【最新】転職エージェント登録ランキング

当サイトから実際に登録数の多い転職エージェントは⇒こちらをチェック

これから転職活動するなら絶対に登録すべき転職サイト

もし転職の段取りが決まっていなかったり、迷っているなら絶対に登録すべき転職関連サイトをご紹介します。仕事が忙しくて転職活動をなかなか進められていない人にもおすすめですよ。

まずは超定番の転職サイトで求人情報を数多くチェックし、非公開求人の紹介を得るために転職エージェントを利用します。
また転職エージェントでは模擬面接や職務経歴書の添削をしてもらいます。

そして企業の口コミサイトで実際に働いている人からの情報を収集する方法が確実です。

もちろん登録は完全無料ですよ。

☆リクナビNEXT

求人業界最大手のリクルートが運営する超定番の転職サイト。求人数は圧倒的に多く、都市部から地方まで網羅しています。まず最初に登録すべきサイトです。

登録はこちらリクナビNEXT

☆キャリコネ転職サービス

企業で働く社員の生の声を見ることができる口コミサイト。残業や給料や社風などを事前にチェックできます。もちろん求人サイトでもあるので登録して求人情報の閲覧も可能。

登録はこちら10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス

☆リクルートエージェント

求人業界最大手のリクルートが運営する転職エージェント。業界最大手ということもあり日本各地に拠点が有り地方在住でも使いやすい。また求人数も多く転職実績も業界最多。やはり業界最大手の強みがあります。

登録はこちらリクルートエージェント

☆JACリクルートメント

外資系やエグゼクティブクラスの求人情報に強いイメージもあるが、地元企業なども求人案件もしっかり持っています。コンサルタントが企業に直接訪問しているため企業の文化や風土、事業戦略までも把握し、他では得られないリアルな情報をタイムリーに持っています。

登録はこちらJAC Recruitment

是非試したい自己診断テスト

@typeの診断力テスト 1
@type:転職力診断テスト

無料!転職力診断テスト@type あなたの転職力はいったい何点なのか? IT・通 ...

グッドポイント診断 2
リクナビNEXT:グッドポイント診断

    自分の強みを見つける!5つの強みで転職を有利に 自分 ...

      2017/07/13

 - 転職コラム, 転職活動