転職活動は退職前?退職後?そのメリットデメリットまとめます

在職中にするか退職後にするか

管理人は「転職は在職中にすること」を推奨しています。

なぜならば会社を辞めてすぐに転職が成功する保証がないからです。

退職前、退職後ともにメリット・デメリットがあります。

改めて在職中に転職活動をするメリット・デメリット、退職後に転職活動するメリット・デメリットを確認します。

在職中に転職活動するメリット

1.収入の心配がない

在職中に転職活動を行っていくと収入の心配をせずに済みます。収入の心配はないので転職活動に時間をかけることもできます。

収入が確保できていれば転職活動が長期化しても問題ありません。

2.じっくり探せる

希望に合う求人がすぐに見つかる保証はありません。

じっくり探すことができますし、収入に関しての心配がないので気持ちに余裕も出てきます。

3.不採用が続いても焦ることはない

仮に不採用が続いてしまっても収入があるので焦りません。

収入がない状態で転職活動をする場合、すぐに次の職場が決まれば問題はありませんが、万が一転職活動が長期化してしまった場合、収入がないと転職に焦りだします。

焦って転職を決めてしまった場合、自分の希望していない転職先になってしまうかもしれません。

4.最終手段として現職に残ることもできる

転職活動してみて、希望の求人が見つからなかった場合、最悪そのまま現職に留まる選択肢も選べます。

失業してしまうということがありません。

在職中に転職活動するデメリット

1.時間の確保が難しい

仕事が忙しいと時間の確保することが難しくなります。書類選考が通り面接をする段階になった時に、面接を受ける時間が取れないなんてことがあるかもしれません。

日程の調整は仕事が忙しければ忙しいほど難しくなります。

2.転職活動が本気になれないかも

現職があるので、転職活動に本気になれないかもしれません。追い込まれていないので、だらだらと転職活動を行ってしまい、転職活動が長期化してしまうかも。

職がある安心感が本気になれない原因となります。失業している方と熱意で負けてしまう可能性があります。

3.転職活動を会社に秘密にしないといけない

転職活動を会社に秘密にして行っていく必要があります。同僚に秘密にしていることがストレスになってしまうかもしれません。

会社の同僚に負い目や罪悪感を抱く可能性もあります。

4.退職交渉がうまくいかず、転職をあきらめる場合も

退職する際には退職の引き止め交渉が行われるのが一般的です。その引き止めの言葉に負けてしまい、現職に残ることになるかもしれません。

結果、転職をあきらめることになります。

退職後に転職活動するメリット

1.時間を有効に使える

時間の融通がつけやすいので複数の企業に対して転職活動をすることも難しくありません。

企業の指定する入社日にも問題なく対応できるはずです。

2.転職活動に集中できる

転職活動を集中して行うことができます。

転職をより有利にするために新たな資格を取得する時間もできます。

さまざまな転職支援サービスにも積極的に参加が可能です。

3.リフレッシュするため長期の休みを取ることもできる

いったん、長期の休みを取りリフレッシュすることも可能です。

忙しすぎて家族との時間があまりとれなかった方などはこの機会に家族サービスすることだって可能です。

退職後に転職活動するデメリット

1.収入がない

失業保険などの支給はありますが、収入がないのは生活に不安を覚えます。

貯蓄を切り崩して生活費をねん出するなどしなくてはいけません。

2.焦る

失業中は何かと焦りがちです。特に連続して不採用だと焦ってきます。

焦ることによって転職活動がさらにうまくいかなくなるかもしれません。

3.意外と家族からのプレッシャーがきつい

失業中は家族からのプレッシャーがきつい。これは間違いありません。家族の将来にも関係してくるからです。

失業期間が長くなれば長くなるほどプレッシャーがきつくなります。肩身の狭い思いをすることになり、孤独感を感じることになるかもしれません。

4.ブランクが長くなればなるほど選考が不利になる

失業期間が長くなればなるほど選考に不利になります。

すぐに転職が決まらなかったことに対して懸念を抱かれてしまうかもしれません。

5.技術や仕事勘などが落ちるかもしれない

ブランクが長くなると技術や仕事勘などが落ちてくるかもしれません。失業が長くなればなるほど落ちてきてしまいます。

6.自己管理が難しい

時間にゆとりがあるので生活が不規則になりがちです。また、不採用が続くと落ち込んでしまい転職活動そのものがストップしてしまうかもしれません。

まとめ

在籍中に転職活動することと退職後に転職活動することは一長一短です。

どちらが自分に合っているか考える必要があります。

どちらにしても転職する意思を強く持ち転職活動をする必要があります。個人的には在職中に転職活動を進めていくことをおすすめします。

やはり、お金に余裕がないと生活に困るからです。しかも転職にどれだけ時間がかかるかは人それぞれで全くわかりません。

管理人の転職を何回か経験した結果の結論です。

オススメサイト群



【最新】転職エージェント登録ランキング
当サイトから実際に登録数の多い転職エージェントは ⇒こちらをチェック



これから就職活動するならオススメしたい転職サイト

もし転職の段取りが決まっていなかったり、迷っているならオススメしたい転職関連サイトをご紹介します。 仕事が忙しくて転職活動をなかなか進められていない人にもお勧めです。 まずは超定番の転職サイトで求人情報を数多くチェックし、転職エージェントを利用して、非公開求人の紹介を受け、模擬面接や職務経歴書の添削をしてもらい、企業の口コミサイトで実際に働いている人からの情報を収集する方法が確実です。 もちろん登録は完全無料ですよ。

☆リクナビNEXT

求人業界最大手のリクルートが運営する超定番の転職サイト。求人数は圧倒的に多く、都市部から地方まで網羅しています。まず最初に登録すべきサイトです。

登録はこちらリクナビNEXT

☆キャリコネ転職サービス

企業で働く社員の生の声を見ることができる口コミサイト。残業や給料や社風などを事前にチェックできます。もちろん求人サイトでもあるので登録して求人情報の閲覧も可能。

登録はこちら10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス

☆リクルートエージェント

求人業界最大手のリクルートが運営する転職エージェント。業界最大手ということもあり日本各地に拠点が有り地方在住でも使いやすい。また求人数も多く転職実績も業界最多。やはり業界最大手の強みがあります。

登録はこちらリクルートエージェント

☆JACリクルートメント

外資系やエグゼクティブクラスの求人情報に強いイメージもあるが、地元企業なども求人案件もしっかり持っています。コンサルタントが企業に直接訪問しているため企業の文化や風土、事業戦略までも把握し、他では得られないリアルな情報をタイムリーに持っています。

登録はこちらJAC Recruitment

      2016/03/14

 - 転職コラム, 転職活動