これで完璧!面接で職務経歴を聞かれた時の回答方法(40歳以上の場合)

面接では、絶対といっていいほど今までの職務経験についての質問をされます。面接での定番の質問です。

また最初に聞かれることが多い質問ですのでしっかり答える必要があります。最初良ければ全て良し。完璧に答えられるようにしておきましょう。

職歴を並べるだけではダメ!

40歳以上の転職の場合は職務経歴が長いため、だらだらと今までの職務経歴を並べていくと、話し終わるまでの時間はかかりますし、自分の応募企業で生かせる経験を強調できません。

ポイントが絞れていないので全くインパクトはないですし、聞く方の面接官も聞くのに疲れてしまいます。そして疲れるだけでなくあなたのプレゼン能力も疑われてしまいます。

回答するポイントは強調すること!

回答する際のポイントは応募企業で生かせる経験を強調することです。

転職回数が多い人の場合は職務経歴が長いため焦点を絞れずにだらだらと回答をしてしまう可能性があります。焦点が絞れていないと聞いていても印象に残らず、だらだらと話す人という印象だけが残ってしまいます。

実績や評価を自慢話にならないにならないように気をつけることも必要です。

転職する際に職種を変えずに転職するなら人事なら人事に関することを営業なら営業に関することを中心に職務経歴を組み立てます。

職務経歴は自信をもって回答するべきですが、あまり長くならないように1分を目安にまとめるようにしましょう。

職務経歴書を要約してもOK

転職エージェントを利用すると職務経歴書を添削してくれます。その職務経歴書を利用し、要約まとめて面接時に使えるように練習しておこう。

一字一句覚える必要はありませんが、練習せずに本番を迎えると意外と覚えていなくて結局支離滅裂になってしまうということがないようにしましょう。

職務経歴書は事前に面接官は目を通しているものです。職務経歴書に書かれていることを確認することも含め面接を行います。職務経歴書に書かれている内容が信憑性のあるものかチェックしています。

まとめ

職務経歴については面接で必ず聞かれる質問ですので、事前に伝えたいポイントを整理しておきましょう。

また最初に聞かれる質問ですので最初でつまずいてしまうと面接もうまくいきません。第一印象は重要です。ミスらないようにしっかり準備しておきましょう。

   

 - 面接対策