40代以降の転職のポイント。年齢的に厳しくなるが転職できる!

40代以上の転職者

40代以上になると転職は厳しくなるのが現実です。しかし全く転職できないわけではありません。

しっかりと自分をプロデュースすることができれば十分に転職が可能です。

40歳以上の転職のポイント

40代以上の転職する際にキャリアチェンジは難しいと認識する必要があります。40歳以上で未経験の職種や業種に挑戦しようとも採用してくれる企業は少ないでしょう。

それでも挑戦するということであれば大幅な年収のダウンを覚悟しなければいけません。40歳以上の転職がうまくいかないのは多くの場合、待遇面と実務能力がかみ合っていません。

40歳以上の転職者を企業が採用する理由はその実務経験と実績、部下の育成、管理能力を評価し採用します。

20代、30代の転職者と同様の実務で賄えるようなものでしたら、わざわざ40歳以上の転職者を採用することはありません。それであれば安い給与で採用できる方を選ぶことになるでしょう。

中小企業や設立の間もない会社ではベテランの社員が不足しているため、40歳以上の経験豊富な社員を採用しようと考える企業もあります。その場合でもやはり今までの実績や経験を期待しているからです。

40歳以上が転職を成功させるために

転職を成功させるためには応募企業が求める人材以上の成果を出せることをアピールするしかありません。

実績を示しやすい営業職であればしっかりと面接や職務経歴書で数字をアピールするようにします。

人事や総務などの管理部門は数字では実績を示すことは難しいため、制度改革などの経験があるようでしたらしっかりとアピールしましょう。制度改革などの経験はより良い組織づくりをするうえで貴重な経験です。その経験を欲しがる企業も多いでしょう。

また40代以上の転職希望者で障害になるのはその年齢です。転職した先の上司が自分より年齢が下になる場合があります。

自分も経験がありますが、自分より年齢が上の新人というのは何かと扱いずらいものです。40代以上の転職希望者は素直で謙虚な姿勢が必要になります。協調性に問題があると認識されれば採用は難しくなるでしょう。

不採用が続いてもポジティブに

やはり40歳以上の転職は厳しいのが現実です。40代以上の転職では企業の募集年齢で引っかかってしまうことも多くなるでしょう。

企業の募集年齢はあくまでも目安です。ダメもとで挑戦することも有りです。やりたいことや入りたい企業があるのであれば積極的に動くことも必要です。

また40代以上の転職は転職サイトの求人情報だけでなく、縁故なども利用しましょう。意外と近くにあなたの経験を欲しがっている企業があるかもしれません。

退職時に円満退社をしているのであれば取引先や前職の仲間から職を紹介してくれる場合もあります。40歳以上の転職は厳しいため、使えるものはなんでも使うくらいの気持ちで行きましょう。

まとめ

応募先の企業に前職で得た貴重な経験や実績をアピールしながら、謙虚な姿勢で転職活動を行いましょう。

企業の新規部門などのプロジェクトを任せられる人材であるかどうかもポイントです。40歳以上の豊富な経験を買ってくれる企業はあるはずです。

40代以上だからこそのメリットを十分に伝えられるようにしていきましょう。

40歳以上、未経験でも転職しやすい業界

それはずばりタクシー業界です。

しかしタクシーを運転するためには二種免許が必要になります。ですので2種免許を取得する必要がありますが、この取得費用はタクシー会社で負担してくれる場合が多いのです。

しかもタクシー運転手は頑張りしだいで年収500万円を超えることも十分に可能です。未経験の仕事でこれだけ高額が年収を提示されることはほとんどありません。しかも600万円を超えることもあります。

タクシー業界の平均年齢は56.8歳

引用:一般社団法人 全国ハイヤー・タクシー連合会

 

と高く、40歳でも若い部類に入ります。年齢の障害は一般企業と比べ格段に低くなります。

転職先がなかなか決まらないという方は一度検討してみてはいかがでしょうか?

オススメのタクシー業界特化転職エージェント

最大40万円の転職祝い金制度有り

地方からの転職する場合、面接のための必要な旅費と往復の交通費や滞在するための宿泊費も支給されるので旅費の負担を考える必要がありません。※規定有

一度サイトをのぞいてみてください。

↓オススメ!タクシー業界特化型転職エージェント↓

タクシー求人サイト【タクQ】

      2016/03/14

 - 転職コラム, 転職活動