30代の転職する際のポイントを解説。30代は具体的な実績が必要

30代の転職のポイント

30代は企業でも一番の核となる年代です。キャリアアップを目指して転職することが多くなると思います。

転職する理由はさまざまありますが、採用する企業側の視点について解説いたします。

30代の転職のポイント

30代は30代前半、後半で企業が求められているものが若干違いますが、30代後半になればなるほど、実績がより重視されます。

ポテンシャルに期待するということはほぼありません。ですのでキャリアアップを狙った転職よりキャリアチェンジを狙った転職はより難しくなってきます。

企業は30代の即戦力を求めている

30代の転職では、採用する企業側は現職や前職の実績を最重要視しています。入社後、即戦力として活躍できる人材を求めています。30代の転職者を育てていく意識は対してありません。

30代からのキャリアチェンジはちょっと難しいと考えていた方が無難です。

採用する企業側での求めるスキルや経験を満たしていることが条件になってきます。その条件に満たない場合は前職と比較して大幅な年収のダウンを覚悟しなければいけません。

転職を希望する者から見ると企業側の求める人材を把握して即戦力になることをアピールする必要があります。

30代はマネジメント経験が欲しい

30代は企業の中では中堅以上の職位にいることが多くなってきます。中堅以上の職位にいることになれば、マネジメントを経験し、いままで管理職者として活躍している場合もあるでしょう。

これは30代ならではの20代とは違うポイントになってきます。

企業として20代と同じ実務程度の能力であれば、これからの伸びしろが大きく、年収を低く抑えられる20代を採用することになります。

30代だからこそ、指導力やリーダーシップ、管理能力をアピールしていくのです。

管理職の経験はなくても

管理職の経験がある方が絶対的に有利ではありますが、管理職ではなくとも新人の指導、教育などの経験があれば十分にアピールが可能です。

企業は会社に慣れた後、若い世代を教育や指導していくことを期待します。その期待に十分に応える経験を持っていると必ずアピールしましょう。

「できます」という姿勢をしっかり見せることは重要です。

年収は下がることは認識しておこう

前職や現職からキャリアアップを狙っても同額の年収を得ることは難しいかもしれません。

これは仕方がないこととあきらめることも必要ですが、転職エージェントを利用して転職活動をしているようでしたら、転職エージェントを利用して年収アップを勝ち取ることが可能になってきます。

年収が下がる可能性があるのは、企業の給料ベースが前職と違うなどの理由もありますが、結局その会社での実績がない転職希望者に多く給料を支払うことに企業は難色を示します。

給料はそれまでの実績から支給されているものです。いくら前職での実績があるといっても転職先の企業には新人です。

結局、実力が未知数になるので希望通りにならないのです。

30代は一から頑張るつもりで

30代で初めて転職する場合は、今まで勤めていた会社とのやり方の違いに戸惑い、仕事になじめないということがあります。

自分でも経験がありますが、下手に今までの会社のことを引きずると新しい職場では全くうまくいきません。

何かと前の職場と今の職場と比較し、自分の中でダメ出しをし、それが原因でうまくやれないということも多くなりがちです。謙虚な姿勢で臨む必要があります。

転職したてではまだ新人です。新人のうちに転職先のやり方を批判し改善するように動いても、賛同を得ることは難しいでしょう。「新人のくせに何を言っているんだ」という意識は残念ながら持たれてしまいます。

仕事に慣れるまでは今の会社のやり方になれることを重視したほうがいいでしょう。慣れてきて自分の立ち位置がしっかりしてから職場の改善に動き出しましょう。

採用する会社としても転職者の経験をうまく取り込み、さらに会社を発展させようと考えている場合が多くあります。その力になれることも自分の力を示すいいチャンスとなります。

まとめ

30代の転職では応募企業で発揮できる強みを明確にし、その点をアピールしていく必要があります。自分自身を商品と考え、強みはさらに強く見せるようにしていきましょう。

ウソはいけませんが、応募企業が求める人材に見合うのは自分だということを積極的にアピールしていくことが重要です。

オススメサイト群



【最新】転職エージェント登録ランキング
当サイトから実際に登録数の多い転職エージェントは ⇒こちらをチェック



これから就職活動するならオススメしたい転職サイト

もし転職の段取りが決まっていなかったり、迷っているならオススメしたい転職関連サイトをご紹介します。 仕事が忙しくて転職活動をなかなか進められていない人にもお勧めです。 まずは超定番の転職サイトで求人情報を数多くチェックし、転職エージェントを利用して、非公開求人の紹介を受け、模擬面接や職務経歴書の添削をしてもらい、企業の口コミサイトで実際に働いている人からの情報を収集する方法が確実です。 もちろん登録は完全無料ですよ。

☆リクナビNEXT

求人業界最大手のリクルートが運営する超定番の転職サイト。求人数は圧倒的に多く、都市部から地方まで網羅しています。まず最初に登録すべきサイトです。

登録はこちらリクナビNEXT

☆キャリコネ転職サービス

企業で働く社員の生の声を見ることができる口コミサイト。残業や給料や社風などを事前にチェックできます。もちろん求人サイトでもあるので登録して求人情報の閲覧も可能。

登録はこちら10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス

☆リクルートエージェント

求人業界最大手のリクルートが運営する転職エージェント。業界最大手ということもあり日本各地に拠点が有り地方在住でも使いやすい。また求人数も多く転職実績も業界最多。やはり業界最大手の強みがあります。

登録はこちらリクルートエージェント

☆JACリクルートメント

外資系やエグゼクティブクラスの求人情報に強いイメージもあるが、地元企業なども求人案件もしっかり持っています。コンサルタントが企業に直接訪問しているため企業の文化や風土、事業戦略までも把握し、他では得られないリアルな情報をタイムリーに持っています。

登録はこちらJAC Recruitment

      2016/03/14

 - 転職コラム, 転職活動