20代の転職する際のポイントを解説。20代前半と後半でも違い有

20代の転職のポイント

転職希望者の転職する理由はさまざま。

  • 新たな職種でチャレンジしたい
  • もっと給料を上げていきたい
  • 無能の上司のごますり具合が我慢できない
  • 情報を共有しない独りよがりな上司に嫌気がさしている

などなど。

転職の理由はいったんおいて転職者を採用する企業側の視点について考えてみます。今回は20代の転職のポイントを解説します。

20代前半の転職のポイント

20代の転職希望者の中で25歳以下は「第二新卒」と一般的に呼ばれます。

厳密な定義はないのですが「新卒で入社し25歳以下、勤続3年未満」で転職する場合に第二新卒としてと捉える企業が一般的です。

この年代は実際の社会人としての経験が少なく、実務経験も少ないためアピールする材料がないと考えがちになります。

実際に転職をしようとしたときに自分をアピールする職務経歴がないということで困る年代です。

しかし、この年代では採用する企業でも豊富な実務経験を期待しているわけではありません

新卒の場合と同様、仕事のへの意欲熱意を重要視します。また、短くても社会人としての経験があるため、最低限のビジネスマナーは修得済みと考えているでしょう。

特に第二新卒の採用は実務経験よりも謙虚な姿勢とフレッシュさが大切です。

新しいことをどん欲に吸収しようとする意欲やどうしてもこの会社に入りたいという熱意や面接の受け答えから謙虚な姿勢で素直さを感じられたと採用する企業が感じた場合に採用される傾向にあります。

第二新卒者はこれからに期待され、若い年代ならではの吸収力が武器になります

20代後半の転職のポイント

20代後半の転職希望者には即戦力としての能力を問われるようになります。

前職の経験や実績を求められるようになり、実際に企業では即戦力として活躍できる転職希望者を望みます。育てる時間をかけずにすぐに会社に貢献できるかどうかを判断基準にするようになってきます。

20代後半は先輩社員として後輩の指導、育成などのマネジメントにも携わってくる年代です。ですので、企業側でもマネジメント経験を持っている転職希望者がいるならば積極的に採用するようになってきます。

20代後半の転職希望者が望むキャリアアップするためには自分を即戦力として売り込むことを重点的にアピールしていくといいでしょう。

20代の転職すべてに共通すること

20代の転職希望者を積極的に採用する企業は多いため、非常に転職のしやすい世代といえます。

積極的に採用する企業の目的は知識や技術の習得が比較的容易に速やかにでき、自社の社風やカラーにもなじみやすい為です。

また指導する側の上司や先輩社員の年齢が上になるために年齢のギャップで指導しにくいということも回避できるという側面もあります。

20代の転職のまとめ

20代の転職希望者に会社側が求めていることは最低限のビジネスマナーをしっかり修得していることを前提としています。

20代前半では新卒の就活と同じように「熱意」や「ポテンシャル」を重視して採用していきます。

たいして20代後半では即戦力として活躍できるかどうか「経験」や「実績」を重視して採用するようになります。

20代は新しいことに柔軟に適応でき、短期間で即戦力となるように期待しています。

転職希望者は20代としての若さを十分にアピールし積極性と短期間に会社に順応できる人材であると具体的に示すといいでしょう。

オススメサイト群



【最新】転職エージェント登録ランキング
当サイトから実際に登録数の多い転職エージェントは ⇒こちらをチェック



これから就職活動するならオススメしたい転職サイト

もし転職の段取りが決まっていなかったり、迷っているならオススメしたい転職関連サイトをご紹介します。 仕事が忙しくて転職活動をなかなか進められていない人にもお勧めです。 まずは超定番の転職サイトで求人情報を数多くチェックし、転職エージェントを利用して、非公開求人の紹介を受け、模擬面接や職務経歴書の添削をしてもらい、企業の口コミサイトで実際に働いている人からの情報を収集する方法が確実です。 もちろん登録は完全無料ですよ。

☆リクナビNEXT

求人業界最大手のリクルートが運営する超定番の転職サイト。求人数は圧倒的に多く、都市部から地方まで網羅しています。まず最初に登録すべきサイトです。

登録はこちらリクナビNEXT

☆キャリコネ転職サービス

企業で働く社員の生の声を見ることができる口コミサイト。残業や給料や社風などを事前にチェックできます。もちろん求人サイトでもあるので登録して求人情報の閲覧も可能。

登録はこちら10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス

☆リクルートエージェント

求人業界最大手のリクルートが運営する転職エージェント。業界最大手ということもあり日本各地に拠点が有り地方在住でも使いやすい。また求人数も多く転職実績も業界最多。やはり業界最大手の強みがあります。

登録はこちらリクルートエージェント

☆JACリクルートメント

外資系やエグゼクティブクラスの求人情報に強いイメージもあるが、地元企業なども求人案件もしっかり持っています。コンサルタントが企業に直接訪問しているため企業の文化や風土、事業戦略までも把握し、他では得られないリアルな情報をタイムリーに持っています。

登録はこちらJAC Recruitment

      2016/03/14

 - 転職コラム, 転職活動